読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

今年のまとめ

 2014年は労働が本当に忙しくなり体力のなさを痛感した。13年の暮れからとりかかっている長篇がまだ半分ぐらいしか書けていないし、今年は本当にこれだけしか書いてない。ずっと飽きずに書き続けられているというのは、プロット段階での準備がうまくいっているのだと思う。これは収穫だ。その意味でとりあえず間違ったプロットのたて方ではなかったということ。まず長篇をどうやってでも書き上げる、それへの重要な一歩だと思うことにする。でも小説も読めてないしイベントごとも満足のいく参加ではなかった。映像消費に逃げすぎた一年だった。そうやってまでバランスを保とうとするぐらいならやはり抜本的に解消するのが一番だろうと短絡的には思っているので、来年はその準備を進めていきたい。でもとりあえずは、いま書いているのを書き上げるのが先決だ。引き続き書いていきたい。あと資料を読んでちゃんと小説に反映させられるようにしたいなぁ。