すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

水上悟志『惑星のさみだれ』6

惑星のさみだれ 6 (ヤングキングコミックス)

惑星のさみだれ 6 (ヤングキングコミックス)

 勇者の剣。
 に、超!鳥!肌!
 読まなきゃ死ぬことはないのだけれど、彼らとそれを共有したいがために何度も読み直し感動して、そして殺してしまう。そういうジレンマって、おそらく無自覚なだけ、より強固に読者を感動にいざなっていくのだと思う。
 ひとりひとりがどう向き合っていくのか、をきちんと忘れずに描いていくのが、少なくとも彼らの固有性を高めているんだろうな。それを過不足なく、キメのシーンはきちんと決めて見せてくるのだから、もう好きなように揺さぶられてしまえば、どんなに楽しいのだろうか、と思ってしまう。