すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

漫画

 雨の中、車で移動してブックオフと今井を巡る。

BLEACH 25 (ジャンプ・コミックス)

BLEACH 25 (ジャンプ・コミックス)

 正直キャラクターが好きじゃなければ、修行している姿なんか読んでも何にもおもしろくないよね。生への恐怖も死への恐怖も感じられないなんて、そこにはどんな「リアル」があるのかな、KASUKAにはうまく読み取れませんでした。「本能」だなんて本気で思ってもないことを書くと話を展開するのでさえ、苦しそう。
 でもまぁここまで買ったから完結するまで買い続けますけどね(貧乏性


マフィアとルアー (講談社BOX)

マフィアとルアー (講談社BOX)

 講談社BOXの第二弾ラインナップのひとつ。これが、ここから再版・再録されるってことはいずれファウストに掲載されたやつもここから出るってことでしょうね。
 短編集として未収録作品を加え、再構成され、より洗練されたような、そうでもないような。。。いや、表題作は最後の方がKASUKAとしてはしっくり来るのです、というかスタジオDNA版の衝撃がすごくていまだにそれを引きずっているのでしょう。
 とにかくTAGROのすごいところは「どこにでもある日常/いやがおうでも自分が存在する風景の一部」を材料に、漫画で「物語」を展開できて、それでもって「救い」みたいなものを提示できるってことではないのでしょうか。うん、そういう意味においてこの作品は最高にポップな文学なわけですよ!新井英樹古谷実松本大洋みたいに!そうこれはもっと売れてもいいわけですよ!
 そしてバイト君よ!講談社BOXにはスリップがついている!ちゃんと中身を抜き出してスリップを抜くように!そうしないとレジが認識してくれなくて、つまり売り上げとカウントされないぞ!(笑)