すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

3月の読書のまとめ

読んだ本の数:12冊

スパイダーグウェン:グレイター・パワー (ShoPro Books)

スパイダーグウェン:グレイター・パワー (ShoPro Books)

■スパイダーグウェン:グレイター・パワー (ShoPro Books)
前巻の重さから、グウェンの頑なさやキャップとの共闘、グリーンゴブリン戦の彼女の心情なんかがほんとうによくてぐいぐい読ませられた。必要な重さだったんだなあと。ラストで描かれる愛もよかった。読了日:03月20日 著者:ジェイソン・ラトゥーア


メランコリア 下 (ヤングジャンプコミックス)
 完結!すばらしいなあほんと。伏線の怒涛の回収に驚くばかり。時間軸がどうなってるのかだれか図示して!! 読了日:03月19日 著者:道満晴明


むかしむかしあるところに、死体がありました。

むかしむかしあるところに、死体がありました。

■むかしむかしあるところに、死体がありました。
 プルーフで。昔話と本格ミステリマッシュアップ。思いの外、ちゃんと驚けたのでおもしろかったし、文体も凝っててよかった。読了日:03月19日 著者:青柳碧人


スパイダーグウェン (ShoPro Books)

スパイダーグウェン (ShoPro Books)

■スパイダーグウェン (ShoPro Books)
『スパイダーバース』を見てからドハマリw デザインがかっこいいよなぁ。画面の明るさ、絵のグラフィティぽさに比べて話が重い。罪の意識と向かい合えていないことによる、ダウナーっぽい暗さ。あとコミックだとトゥシューズじゃなくてスリッポンなんだなと。読了日:03月17日 著者:ジェイソン・ラトゥーア


宝石の国(9)特装版 (プレミアムKC)

宝石の国(9)特装版 (プレミアムKC)

宝石の国(9)特装版 (プレミアムKC)
 発売したの結構前なのだけれど、読むのが辛いとなんとなくわかっていて読むと案の定辛い展開だった。いや〜続けて読んでほっとするなり話にオチがつくまで待ったほうがよかったかなぁ。読了日:03月10日 著者:市川春子


スパイダーバース【限定生産・普及版】

スパイダーバース【限定生産・普及版】

■スパイダーバース【限定生産・普及版】
 お話の筋はこちらのほうが圧倒的に複雑で、映画の原作は『スパイダーメン』のうほうなのかなと。コミックはこういう話だったのか、となる。いやはやそれにしても、すごい量のスパイダーマンですよこれ。読了日:03月09日 著者:ダン・スロット


完璧じゃない、あたしたち

完璧じゃない、あたしたち

■完璧じゃない、あたしたち
 どれもよかった。帯の岸本佐知子の言葉の通りの本で、恋愛だけでなくSFもゾンビもあった。固有名詞が使われているとエモさが増すんだろうけれど、ちょっと自分には刺さらなかったなぁ。あとどのお話も、というわけでもないけれど「始まり」を描いたものが多かったので、ああ読みたいのはここからじゃない!?と何度かなりました。読了日:03月08日 著者:王谷晶


■僕の心のヤバイやつ(1) (少年チャンピオン・コミックス)
 この作品の更新が最近の心の支え。青春の幻肢痛。読了日:03月07日 著者:桜井のりお


■ミステリと言う勿れ(1)〜 (4) (フラワーコミックスアルファ)
 論理がとても心地よい。が、その論理性がやはりキャラクターの特異なものとして描かれるのがちょっとやっぱり現実社会におけるこういう人物のギャップを感じる。どちらかというと主人公の思考に近いものがあるので。読了日:03月04日 著者:田村由美


 月の後半にまとめて読んだ。おわらと過去と現在の恋愛を軸に、とてもすがすがしく、しかしうねりのある物語運び。とてもよかった。