すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』フィリップ・K・ディック

アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))

アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))

 なんでもっと早く読んでなかったんだろう。傑作じゃん、これ。
 とくにすごかったのが、10から始まるデッカードの把握していた世界ががらりと変転してみるところ。確固たるものをもって行動していた彼がその変化に打ちのめされないのがすごい。こういうところは雪風3部の深井大尉に通じる部分があって、すごいと思う。で、そういったギミック的な変化による衝撃ではなくて、もっと別のアプローチでキャラクターを変化させてしまう、という見せ方に脱帽。なるほど感情移入ができるか/できないか、がポイントであり、おれもその意味ではあっさりとアンディなんだろうな、と戦慄した。
 だからこそ、ヒキガエルの、あるいは電気羊の存在が際立ってくる。人間にとってペットが一種の安全装置であるならば、デッカードが持ちうる動物は決して生物でなくても構わないということなのだ。
 というところで、タイトルの意味がようやくわかったように思うのだ。