すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

『自殺人間4.0』

 書いている。読んでもいる。たくさん読んでいる。けど感想を書く前に、書いている小説へと反映させる。
 月末の〆切は「ヴィジュアルを意識したエンターテイメント小説」を募集しているのだけれど、そんなことは気にせず、脱ライトノベルリアルフィクションで行こう、と腹をくくった。冲方丁仲俣暁生までいけばなんとかなるはずだ。
 書かなければならないパッケージはあと、4つ。
 〆切までの休みはあと3つ。
 数が合わないのはご愛嬌。
 さてさて、夏も終わらしたし、あとは集中しよう。まだ慌てる時間じゃない。