すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

『オブ・ザ・ベースボール』

オブ・ザ・ベースボール
著:円城塔
【初出】文学界 2007年 06月号 [雑誌]

 1年に1度、人が降って来る街/レスキューチームは9人/名はファウルズ/携えるはバットと饒舌なペダントリーと類稀なる思索。
 語りの妙で、キャラクターは全然動かないのだけれど、物語は駆動している、ドライヴする。
 そういった点/言葉で、語りで物語を駆動させるという点では、舞城王太郎古川日出男と同じ手法を採用しているのではないのか。しかしそこで語られるのは論理と物理に裏打ちされた、思弁的で思索的な無駄話。それが読者の前に「停滞し続ける」。これは予兆。伏線ともいえる。
 明晰に、明快に、論理的に語られるだけ、狂っている感がひしひしと伝わってくる(でもたぶん武田先生は足りないっていうと思う)。
 まだ途中。選評にかなり影響を受けているのが、じぶんでもわかる。悔しい。


 読了。
 つか、これ、青春小説じゃん、まっとうな!
 すっげ!こうきたかぁ……スペキュレーションSFかと思ってからやられたわぁ(笑)。
 なんつうか、打ち返すところと歩き出すところで、震えっぱなし。
 行儀のいい着地点だったけれど、これはずっと読み直したいと思えるような小説だった。
 思考/思索的な青春小説……そうか、だから『バッター・イン・ザ・ライ』だったのか……。