読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

パスピエ『ONOMIMONO』

音楽

ONOMIMONO

ONOMIMONO

 本当に久しぶりにびっくりするぐらいしっくりくる音楽にであいました。パスピエってバンドです。最近は音楽に対して積極的に耳に馴染むものを探すことをやっていなかったのですが、偶然JAPAN COUNTDOWNで特集されていたのを聞いて、そういえばiTunesでニューアルバムの予約がどうしたという広告を見たな、と思ってニコニコ動画YouTubeで探してみたわけです。んで、けっこうミュージック・ビデオがあがっていたのを聞いてみたら撃ち抜かれてしまいました、と。で、近所のTSUTAYAで唯一レンタルしていた『ONOMIMONO』を借りてきて、クルマで聞きながらどきどきしながら帰って来てこの記事を書いているのでした。ほんとこの曲を聞いて色々なものにふれるとなんか確実に増幅してこちらに迫ってきて怖いくらいですねw んで、既存の音楽に比定して言うことの卑近さは重々承知した上であえて言いますが、Perfumeのテクノさ、相対性理論のあの不思議なバランス感覚、神聖かまってちゃんが持つ胸をえぐるような歌詞の切なさ、高音でYUKIを彷彿とさせる声質、東京事変に負けないシンセ・ワークといったところでしょうか。いや上記音楽を通過してきたいま、ついにしっくりくる音楽にであったのだなぁと少し感慨深くなります。自分が聞いてきた流れの中でこことここ、あとここもと、好きなとこだけ抽出してきてまとめあげたようなしっくり感w まぁニューアルバム発売直前にとりあえず古いのを借りてくるあたりいい音楽ファンではないのですが、そんなおれの態度と音楽のよさは別物のわけです。
 それでは聴いていただきましょう、パスピエで「フィーバー」「トロイメライ」です。どうぞ!