読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

近況報告

 こういうことを書いている暇があれば(ry でもまぁなんというか長篇企画が予想通り頓挫して、頓挫したことから自分を知ることができたわけなので書く意味はある、はず。というか一日のPVが50切るようになったとはいえBlogはどうしたって多方面に発信する性質上、おれが取り繕うのは明白なわけでほぼ日手帳に書きなぐっている方がいろいろ自己陶冶になっているという。あとはそれをうまくEvernoteにまとめて見返しやすくすることが重要よな、ぜんぜんできてませんが。というかアイデアメモとか創作法メモとかぜんぜん見直さないんでなんか気がついてメモってもソッコー忘却の彼方。でもまぁ前に比べればちゃんとメモしてるだけマシ、かなりマシ。なんでこれからの課題は繰り返し繰り返し繰り返し見返すこと。人間は忘れる生き物。情報は蓄えるんじゃなくて醸成するもの。順列組み合わせの先にある、確かな霊感、どんと来い。
 ともかく、おれは長篇を書けるような根気がない、ということがここ数年の長篇執筆計画の頓挫からようやく自覚したわけです。ここ数年、正確には6年――遅い、とお思いでしょうか。そうですね、簡単に言い訳を。自分の才能のなさを自覚するためにこれだけの年月が必要だったわけです。では、残された方策は、短篇です。まぁリハビリを兼ねて昔の、一行書きながら次の一行を考えるスタイルでやっています。自分の脳内で覚えてられる情報だけを武器に、いざ尋常に、ですね。ちなみに初の私小説です。でもジャンルは青春SF。お楽しみに。