すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

6月のまとめ

2012年6月の読書メーター
読んだ本の数:11冊
読んだページ数:2121ページ
ナイス数:27ナイス


■とりあえず地球が滅びる前に 2 (フラワーコミックス)
 わはは、さっそくイギリスが消えて、産業革命がトルコで起きたことになっている。どういう方向に進んでいくのかまったく予測がつかないのだけれど、描かれている切なさはきっとほんもの。
読了日:06月25日 著者:ねむ ようこ

■ニッケルオデオン 赤 (IKKI COMIX)
 切れ味が鋭すぎてゾクゾクする。ハッとする何気ない言葉、突き詰められたワンアイデアと、びっくりするほどかわいいキャラクター。すばらしい。特にもう「ヒールとスニーカー」なんて手放しで喝采を送りたい。いや送ります。
読了日:06月24日 著者:道満 晴明

ニッケルオデオン 赤 (IKKI COMIX)

ニッケルオデオン 赤 (IKKI COMIX)

ファイト・クラブ (ハヤカワ文庫NV)
 すごくいい意味で期待を裏切られた。熱のあるストーリーと詩的な文体。失ったものを取り戻す、けれどそれは本当にいいことなのか、そう問いかけられたまま、ぼくは本を閉じた。余談だがブックオフで100円で見つけた時の小躍り具合ったらなかったね。
読了日:06月22日 著者:チャック パラニューク

ファイト・クラブ (ハヤカワ文庫NV)

ファイト・クラブ (ハヤカワ文庫NV)

腐女子っス! 5 (シルフコミックス 7-5)
 田中先輩の「今はわからなくなってしまった感覚」に共感している場合ではないよな、と自戒する。
読了日:06月22日 著者:御徒町

腐女子っス! 5 (シルフコミックス 7-5)

腐女子っス! 5 (シルフコミックス 7-5)

げんしけん 二代目の参(12) (アフタヌーンKC)
 く、悔しい…ニヤニヤしてしまう(ビクンビクンッ
読了日:06月22日 著者:木尾 士目

げんしけん 二代目の参(12) (アフタヌーンKC)

げんしけん 二代目の参(12) (アフタヌーンKC)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (ガガガ文庫)
 わはは、ほんと高校生の頃の自分に読ませてやりたいわ。んで、きっとそうやって救われてるやつはいっぱいいるんだろうな。ああいいなぁ、こういうフィクションの圧倒的効力みたいなのを感じられるのって久しく読んでなかったなぁw
読了日:06月12日 著者:渡 航

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (ガガガ文庫)

■NOVA 6---書き下ろし日本SFコレクション (河出文庫)
 船戸一人「リビング・オブ・ザ・デッド」の先にやられてルートがどんどん減っていく感と樺山三英「庭、庭師、徒弟」の圧倒的な庭と宮部みゆき「保安官の明日」の設定と動機の絡んだ恐ろしい完成度が、よかった。
読了日:06月05日 著者:宮部 みゆき,牧野 修,北野 勇作,斉藤 直子,蘇部 健一,樺山 三英,松崎 有理,高山 羽根子,船戸 一人,七佳 弁京

NOVA 6---書き下ろし日本SFコレクション (河出文庫)

NOVA 6---書き下ろし日本SFコレクション (河出文庫)

■蒼き鋼のアルペジオ 5巻 (ヤングキングコミックス)
 海洋戦記SF第五弾。あいかわらず表紙のキャラが誰かわからなくてぎょっとなるが、今回はミリタリー要素は抑えめにメンタルモデルという異種知性体に、デザインチャイルドというポスト・ヒューマンの交流がメイン。なぜ戦艦というメディアを選択したのか、ということが「アドミラリティ・コード」によって徐々に明らかにされていくのだろうと思う。あと、ぼこぼこにやられてしまった「岩蟹」やアーマースーツのデザインがこれだけで漫画にできるぐらいかっこいい。
読了日:06月05日 著者:Ark Performance

蒼き鋼のアルペジオ 05 (ヤングキングコミックス)

蒼き鋼のアルペジオ 05 (ヤングキングコミックス)

ガンダムUC (ユニコーン) A vol.4 2012年 07月号 [雑誌]
 MGシナンジュ専用バズーカが付録…。とりあえずep5のサブストーリーとしてどうやってガランシェールにスキウレ砲が導入されたのか、その辺りが明らかになる短篇「『袖付き』の機付長は詩詠う」がいい味出してました。
読了日:06月04日 著者:

■エンジェルお悩み相談所 新装版 (ヤングキングコミックス)
 復刊です。
読了日:06月02日 著者:水上 悟志

エンジェルお悩み相談所 (ヤングキングコミックス)

エンジェルお悩み相談所 (ヤングキングコミックス)

■宇宙大帝ギンガサンダーの冒険―水上悟志短編集Vol.3 (ヤングキングコミックス)
 連作短編集。
読了日:06月01日 著者:水上 悟志