すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

短篇執筆

 他人のブログをリブログして、わかった気になるぐらいならもうちょっとまともにEvernoteを使えるようにしたらどうなのよとは思います。いや、Tumblrをもっとそういう風に使っていく方がよいのでしょうがいまいち脳の中の「重み付け」というのがうまくいっていない。そして、これが遅筆の理由であることは言うまでもないのです。「好き嫌い」だけではない尺度が必要で、即断即決していく訓練が必要である、と。つまりもっと書くことをやる、中毒化していく。なので、思い出したように設定したノルマ、この達成を当面の目標にがんばっていきます。日常化、です。
 本文執筆:500字/8523字(目標:三万字予定。一日700字)
 BGM:Kick-Ass Music from the Motion Picture
 状況:休日にも関わらず予定のあった日中は書けず。夜30分だけ集中して書く。思いのほか筆が進む。しかし前日までに書いた文章を削る作業をしてしまう。なので実質はノルマ達成ではある。
 改善案:30分執筆→休憩→30分執筆という形に持っていくこと。推敲はとりあえず結末まで書き上がってからにすること。