すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

『ビギンズナイト』


 久しぶりに特撮ものとして追いかけている『仮面ライダーW』です。ハードボイルドの様式美と欠けることで補うバディ、「街」の構築、敵味方が同じテクノロジーで闘い、事件の依頼から解決までをかっちり2話で終わらせる脚本と丁寧な演出と伏線の回収など、実はびりびりするほど勉強になっています。怪人のデザインが寺田克也というのもいいですし、小鷹信光への言及などもにやりとしてしまいます。
 というわけで今回は『仮面ライダー×仮面ライダーW&ディケイド MOVIE大戦2010』を観に行ってきました。映画の構成は「ディケイド完結編」が途中でヒキつつ「ビギンズナイト編」へ導入し後半ふたつの世界がつながるメタ展開へ。というかディケイドは初めて観ましたが、脚本うんぬんもそうですが演技もひどいですね、びっくりしました。あとテレビシリーズを一度リセットして一から始めたストーリー展開のようでその意味では初見ですらっと話に入っていきましたが、もっとシャープにできたんではないかと思います。けれどライダーがいっぱいでてくるところは豪華ですね。すごく見栄えはする。
 一方、「ビギンズナイト編」はもう、本当にすばらしい。吉川晃司の役どころ、主人公ペアの師匠/おやっさん/鳴海荘吉こと仮面ライダースカルがきちんとふたりの先導役として出ずっぱりで、それに負けないように正太郎の葛藤と成長が描かれる。地に足の着いたストーリー展開から過去が明らかになり、新フォームのお披露目と戦闘シーンをまじえつつ葛藤の解消がきちんと描かれる。好きな演出はエンドロール後のフィリップのチキンの好みを言うところ。こういう風にきちんと冒頭を回収するのがよいです。あと名前の由来のシーンでまさかポケミスが出てくるとは思いませんでした。劇場で身悶えしていたのは俺だけのようでしたがw まぁ最初はこれ別に映画にする必要ないじゃんとさながら『カウボーイビバップ』の映画版のような感想を抱きそうになりましたが、最後の帽子がらみのくだりでなるほど、となったのでした。うむ、あれを言わせるためだったのだなぁと。それにしてもこれ、吉川晃司は大満足の映画になったんじゃなかろうか。