読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

『荒野の用心棒』

荒野の用心棒 [DVD]

荒野の用心棒 [DVD]

 クリントンイーストウッドの出世作。確かこれ親父が好きだったと思うので借りてみた。高校生の頃おれがひとりで映画を観ているとうちの親父はよく「どっちがいいもん?悪いもん?」と聞いてきたっけ、だからそれなりにあっさりわかりやすい感じかと思っていたら、ざっくりとふたつにわけられるわけではないのだなと思った。ただストーリー展開がけっこう行き当たりばったりで、いうなればこういうシーンを書きたいからこういうつなぎになっているんだな、と思うような感じが多かったように思う。人質交換の際の親子対面とか、小屋が襲われているぞのシーンとか。あと音楽もカメラワークもすごくシンプルだったように思うけれど、いろいろなものが付加されていないぶん視線がぶれずに演出がよくわかった。ジョーのハットをつまむ別れの仕草がよかった。全体的に配役のひとたちが汚い。銃撃のシーンは早撃ちなのと着弾のずれやらがあっていまいちだったかな。このあたりは剣劇をメインに見せる『用心棒』の方が好みにあっているのかな、と思った。