すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

グミ・チョコレート・パイン2

グミ・チョコレート・パイン(2) (講談社漫画文庫)

グミ・チョコレート・パイン(2) (講談社漫画文庫)

 んで、買った本。つか、昨日3巻まで出ていることに気がつく。すげぇ待ってたのに気がつかず。というかコミック文庫の刊行ペースというものを知らなかったというべきか。
 巻中の、カラーグラビアに驚くが、うまい演出だなぁと。
 詞を書くメンバーが増え、順風満帆で物語が展開するのかとおもいきや、生来の性格で主人公君は悩みます。感情移入せざるをえない。というかいる場所に対する不満がエネルギーへと転換していく様は、ヒロイン然り無鉄砲でありながらも、ずいぶんと勇気づけられる。その意味で、非常に教導的なのだな、と思う。ずいぶんと助かってはいるのだけれど。いまだになんとか「なにかやれそうな気がする」と心浮き立たせてもらえるわけです。
 あと、後書きで明かされるのだけれど、女の子だけ別の人が書いているのですね。これはなんというかおもしろい方法論。いうなればライトノベルという〈メディア〉に通じる、方法論ですね。