すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

『バガボンド 25』

バガボンド(25)(モーニングKC)

バガボンド(25)(モーニングKC)

 これほど身体感覚に満ち満ちたマンガはないんじゃないのかな。絵とか物語のクオリティはとんでもない水準だし、絵で見せる部分が多いので(マンガだから当然なのだけれど、この作品が「漫画でしか表現できないもの」を描いているという点で既存の少年マンガとは一線を画いているとKASUKAは思う)、今のKASUKAでは言葉にできない部分が多くて、それが悔しいような、うれしいような(笑)。
 闘うこと、なにとどこでどうやって、という部分でかなり勉強になるマンガです。