すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

第136回芥川賞・直木賞

 1月16日の夜、東京・築地の「新喜楽」で選考会が開かれ、第136回芥川賞直木賞が決まった。
第136回芥川賞 青山七恵『ひとり日和』
第136回直木賞 受賞作なし

第136回 芥川賞・直木賞の受賞作発表を聞いて - トレンド - nikkei BPnet

時期を外してエントリー。まぁあんまし興味がなかったってのもあるんですが。
でも,直木賞……北村薫さんにあげればよかったのになぁ,受賞作なしにするくらいなら。順当だと思ったのだけれど。いやKAUSKA,好きですしね北村薫。ちなみに彼の方の作品だと『夜の蝉 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)』か『水に眠る (文春文庫)』か『リセット (新潮文庫)』は押さえておきたいですね。
まぁなんつうか結果だけ見ると,著作数が少ないとか文藝春秋じゃないからとか選評者に嫌われてるからとか,そんな要素をつい邪推したくなってしまう。