すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

やつはみ喫茶読書会五十五冊目『竜のグリオールに絵を描いた男』

竜のグリオールに絵を描いた男 (竹書房文庫)

竜のグリオールに絵を描いた男 (竹書房文庫)

 やつはみ喫茶読書会五十五冊目『竜のグリオールに絵を描いた男』@半杓亭

  • 日時:2019/04/20(土)開始16:00 終了18:00
  • 課題図書:ルーシャス・シェパード『竜のグリオールに絵を描いた男』竹書房文庫
  • 作品内容:あまりにも巨大な竜グリオール。彼の上には川が流れ村があり、その体内では四季が巡る。全長1マイルにもおよぶ、巨大な竜グリオール。数千年前に魔法使いとの戦いに敗れた彼はもはや動けず、体は草木と土におおわれ川が流れ、その上には村ができている。しかし、周囲に住むひとびとは彼の強大な思念に操られ、決して逃れることはできない――。奇想天外な方法で竜を殺そうとする男の生涯を描いた表題作、グリオールの体内に囚われた女が見る異形の世界「鱗狩人の美しき娘」、巨竜が産み落とした宝石を巡る法廷ミステリ「始祖の石」、初邦訳の竜の女と粗野な男の異類婚姻譚「噓つきの館」。ローカス賞を受賞したほか、数々の賞にノミネートされた、異なる魅力を持つ4篇を収録。動かぬ巨竜を“舞台"にした傑作ファンタジーシリーズ、日本初の短篇集。
  • 場所:半杓亭
  • 参加費:お茶おやつ代1000円(この会でしか食べられない、おいしいおやつがでますよ〜)
  • スケジュール:読書会16:00-18:00 二次会18:30-20:00
  • 定員:12名。要予約。開催の1週間前までにご連絡ください。定員に達した場合も告知いたします。またキャンセルされる場合はなるべく早めにご連絡ください。当日キャンセルをされる場合はキャンセル料をいただきます。あらかじめご了承ください。
  • 予約先:初めて参加されるかたは、yatsuhamicafe.reading(at)gmail.comに下記を記載の上、ご連絡ください。※2、3日経ってもメールの返信がない場合はお手数ですが迷惑メールフォルダをチェックされるか、こちらの記事にメールした旨のコメントを書き込みください。

     1.お名前
     2.ご連絡先
     3.過去に読書会に参加したことがあるか
     4.アルコールの出る二次会の出欠

『星のトリロジー』を公開

kakuyomu.jp
どうもです。『星のトリロジー』という連作短篇を公開しました。

本作は、第10回創元SF短編賞に送って一次選考に落選したので、公開しました。
http://www.tsogen.co.jp/award/sfss/10th/

簡単に紹介をします。
1話は、ボーイ・ミーツ・ガール。
2話は、百合・ミーツ・ヘミングウェイ
3話は、復讐者・ミーツ・宇宙人。
実は1話と2話は別々の掌編だったのを、スターシステムで登場させていたキャラクターを用いてよりSF色の濃いものをと3話を急ぎ書き、構成した経緯があります。10年ぐらいかけてのんびり書いたということになるのでしょうか。ただテイストは近いものがあるので、何かしら通底したものを感じていただければ幸いです。

さて、これが一段落したので、次はローカルな公募に出してみようと短篇を書いております。それが終わったら途中になっている『精霊使いと軌道猟兵』を完結させたいと思います。よろしくお願いします。

最近は『NieR:Automata』→『ACE COMBAT7』→『Bloodborne』という感じで順調にプレイしております、はい。


と、ここまではカクヨムの近況ノートに書いたのですが、正直に言って今回は一次選考を通過した人たちの多くに名前を見たことがある人たちがいて、ほんとうに悔しくて悔しくて。自分が怠けているのを厳然と突きつけられて帰宅中に泣いてしまう始末。はー、書きます。

2月の読書のまとめ

読んだ本の数:7冊

■ブルーピリオド1〜4 (アフタヌーンKC)
 初期衝動をおもださせてくれるコミックでした。読了日:02月23日 著者:山口 つばさ


錆喰いビスコ (電撃文庫)

錆喰いビスコ (電撃文庫)

■錆喰いビスコ (電撃文庫)
 いや〜おもしろかった。崩壊した世界の描き方、筋の通った熱い精神性と、活劇に次ぐ活劇、無駄のない端正な文章と百点満点なライトノベルでした。にしてもこれがデビュー作か、すげぇなほんと。読了日:02月22日 著者:瘤久保慎司


■机ノ上神話 幾花にいろ初期作品集 (まんがタイムコミックス)
読了日:02月10日 著者:幾花にいろ


魔眼の匣の殺人

魔眼の匣の殺人

■魔眼の匣の殺人
 プルーフで。『屍人荘の殺人』の今村昌弘待望の新作にして〈神紅のホームズ〉シリーズ第二弾。今回もある特定条件下におけるミステリとしてきっちり読ませるものを用意しつつ、キャラクターの重たい感情もしっかり描いており、おもしろかったですね。読了日:02月06日 著者:今村昌弘