読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべてはゼロから始めるために

小説家志望の小説と読書と映画の記録です。

やつはみ喫茶読書会三十九冊目『九尾の猫』@半杓亭

bookclub イベント

九尾の猫〔新訳版〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

九尾の猫〔新訳版〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

 

 やつはみ喫茶読書会三十九冊目『九尾の猫』@半杓亭
 2016/07/30(土)開場15:00 開始15:30 終了18:00
 課題図書:エラリイ・クイーン『九尾の猫』ハヤカワ・ミステリ文庫
 作品内容:次から次へと殺人を犯し、ニューヨークを震撼させた連続絞殺魔〈猫〉事件。すでに五人の犠牲者が出ているにもかかわらず、その正体は依然としてつかめずにいた。指紋も動機もなく、目撃者も容疑者もまったくいない。〈猫〉が風のように町を通りすぎた後に残るものはただ二つ――死体とその首に巻きついたタッサーシルクの紐だけだった。過去の呪縛に苦しみながらも、エラリイと〈猫〉の頭脳戦が展開される。待望の新訳版。
 場所:半杓亭
 費用:お茶おやつ代600円(この会でしか食べられない、おいしいおやつがでますよ~)
 定員:12名。要予約。定員に達した場合も告知いたします。
 予約先:初めて参加されるかたは、yatsuhamicafe.reading(at)gmail.comに名前と連絡先、アルコールの出る二次会の出欠を含め、ご連絡ください。

ライトノベルSF12(第23回電撃小説大賞1次通過)

小説

電撃大賞 1次通過作品

 今日発表があり、拙作が第23回電撃大賞電撃小説大賞の1次選考を通過した。1次を通過するのは3年ぶり3回目か。 今回は小説作品の応募総数が4878で、そのうち1次通過が661、内訳は長編が536作品、短編125作品とのこと。せめて前回よりもいいものを書く、ということでやってきたわけなので、ひとつ結果が出てほっとしている。多くの人に手助けしてもらった作品なのでよけいに。例年通りであれば2次の発表は8月だ。それまでわくわくして暮らせるのはありがたいことだ、と書いてて思ったが最近はSFの仕事ができているのでけっこう充実しているのだった。あ、でも、評価シートは楽しみだなぁ。

宮内悠介『彼女がエスパーだったころ』

読書

彼女がエスパーだったころ

彼女がエスパーだったころ

 匹目の猿、エスパー、オーギトミー、水伝、代替医療――疑似科学やオカルト、超常現象にハマってしまう人々をルポライターの「わたし」の視点を通して描くフェイク・ドキュメンタリー。 あらゆる事象の霊性を科学が腑分けしていった先に人類に残されたのは、信仰を失ったことによる自死しかないのか――。
 く自身、非難されないことを目的にずっと科学リテラシーを鍛えてきたところがあるので、例えば、下記のようなツイートを見かけたときも、そうだよなぁと思えるし、ふぁぼってリツイートのひとつもしたくなる。

が、宮内悠介は今作で疑似科学をただ揶揄することにとどめず、観察者たる主人公をその役割から逸脱させていく。そこには、ぼくもそうなる可能性があり、そもそもすでにそうなっているかもしれない、弱者によりそおうとする姿勢が描かれているように思った。同時に、そのむつかしさも。
『ヨハネスブルグの天使たち』、『エクソダス症候群』、「半地下」、『アメリカ最後の実験』、そして今作『彼女がエスパーだったころ』を通して、痛みを知る人の持つやさしさと、誠実さを感じている。これからも追いかけて行こうと思っている。
 談ではあるが、だからこそこのような分析もできるのかなとも思った。





6月のまとめ

読書

読んだ本の数:15冊

アメリカ最後の実験

アメリカ最後の実験

■アメリカ最後の実験
 すごくいい小説だった。アメリカと音楽と民族と、新しいテクノロジー。このバランスの良さと、傷ついた人々によりそう作者の眼差しがすごく心地よい。類型に当てはめづらいことも、実はポイントだと思う。でも、この小説は歴史がちゃんと備わっているから、孤立している印象とはほど遠いのだなぁ。作者の別作品にあった「文化的な孤児」という言葉を思い出した。そしてそのことを感じるのは決してぼくだけではないとも。サスペンスでひっぱる構造と「実験」という部分がすごくオースターっぽかったなとも。読了日:6月30日 著者:宮内悠介


恋は光 1 (ヤングジャンプコミックス)恋は光 2 (ヤングジャンプコミックス)恋は光 3 (ヤングジャンプコミックス)恋は光 4 (ヤングジャンプコミックス)
■恋は光1~4 (ヤングジャンプコミックス)
 すごくおもしろかった。主人公は「恋をしている女性が光って見える」という現象に悩まされており、そのことが原因となって一筋縄ではいかない恋愛をすることになる。ストーリーと設定の活かし方が絶妙で、かつ恋愛の胸がぎゅっとなる感覚を見事に描いているように思った。あとおそらく――北代が光って見えないのは現象が始まる前からの付き合いだったから、ではないかなと予想しておこう。読了日:6月28日 著者:秋枝


げんしけん 二代目の十一(20) (アフタヌーンKC)
 うおおい、ここで次巻なのか!笑 でもスーがかわいかったのでよかったな。さあさあ斑目よ、もう待ったなしですよ!笑 読了日:6月24日 著者:木尾士目


アズミ・ハルコは行方不明 (幻冬舎文庫)

アズミ・ハルコは行方不明 (幻冬舎文庫)

■アズミ・ハルコは行方不明 (幻冬舎文庫)
 選択肢のなさを痛感させられる閉塞した地方と、そこで生きざるを得ない若者を描くことに定評のある作者の第2作。ただ今作は「少女ギャング団」というモチーフによって、閉塞した世界のなかで、すごく鮮やかで、いい意味で浮ついたフィクション感を獲得することに成功している。なにより「少女ギャング団」のシステムがとても現代的で、なのにそこにあるのは祈りであり、普遍的な愛の表出なのだ。いや、にしてもスクールカースト持ち上がり大人ってのは想像するだにつらそうだ。そのことだけは、移動でリセットしてしまってる現状も悪くないのかな? 読了日:6月24日 著者:山内マリコ


アルゴリズム・キル

アルゴリズム・キル

アルゴリズム・キル
 クロハ・シリーズ最新作、続きが気になり一息に読んだ。殺人事件を指標する拡張現実を利用したオンライン位置情報ゲームと、警察署内の不正会計問題。大きくふたつの事件が進行する渦中にクロハはまきこまれ、迷い、自ら踏み込んでいく。「潔癖症」であり「善意と覚悟」のあるクロハはあいかわらずかっこいい。その一方でクロハが、サトウやカガやシイナ、キリと会話してるときの安心感は、シリーズを読んできた人にはたまらないだろう。読了後、タイトルに込められた意味を理解する。読了日:6月22日 著者:結城充考


皆勤の徒 (創元SF文庫)

皆勤の徒 (創元SF文庫)

■皆勤の徒 (創元SF文庫)
 すごいSF小説を読んだ。重層さにくらくらしてだんだんと病みつきになっていく。表題作はデビュー短篇で読んでいたのだけれど、本作で長篇になり背景情報がかなり追加されている。挿絵も。漢字遣いとバラエティに富んだストーリーが読ませる。特に好きなのは昆虫型人類の探偵小説「泥海の浮き城」だ。解説もぼんやり感じていた背景情報がより明確になり、「ああそういうことか!」となる楽しさがあった。「人類にはまだ早い系作家」を堪能しました。読了日:6月21日 著者:酉島伝法


デストロ246 7 イラストカード付き限定版 (サンデーGXコミックス)
 最終巻。伊万里が持っていかれたことによって物語はスタートに戻る。なるほど。特典、画集かと思いきやポストカードセット。読了日:6月21日 著者:高橋慶太郎


オービタル・クラウド

オービタル・クラウド

■オービタル・クラウド
 スペーステザーによる軌道テロを防ぐために、スペシャリストの奮闘が描かれるテクノスリラー。諜報ものとしてもSFとしても申し分なく、とてもおもしろかった。ぐいぐい読ませる。さらにラストのスタバ1号店のシーンは、ロマンティックな部分を忘れない目配せもよかった。あともしかして中国製の無人機の設定は作者の別短篇「公正的戦闘規範」につながっている? 読了日:6月14日 著者:藤井太洋


TYPE-MOONエースVOL.11 (カドカワムック 636)
 ジンクスの項でけっこうみんな信じてるものがあってびっくりした。ゲン担ぎっていうのはいまだに現役なのなー。読了日:6月14日


あげくの果てのカノン 1 (ビッグコミックス)

あげくの果てのカノン 1 (ビッグコミックス)

■あげくの果てのカノン 1 (ビッグコミックス)
 クラゲ状の異星体に侵略された日本は地上と地下に居住区をわけて生活している。異星体に対するのは「修繕」を受けられる特殊部隊。そのエースである先輩に、屈折した恋心を抱える女の子が主人公。不器用な恋心の描写と背景世界の不穏さがラストでリンクするのは見事か。読了日:6月11日 著者:米代恭


クローム襲撃 (ハヤカワ文庫SF)

クローム襲撃 (ハヤカワ文庫SF)

■クローム襲撃 (ハヤカワ文庫SF)
 サイバーパンクの短篇集。序文からカッコいい。テクノロジーによって拡張された人々の営みと猥雑さと夢と失墜と。特に「ガーンズバック連続体」「辺境」「赤い星、冬の軌道」がよかった。ただ寂寥さだと「ドッグファイト」と「クローム襲撃」が群を抜いている。余韻がすごい。なお復刊によって出回るようになった旧版で読了。読了日:6月9日 著者:ウィリアム・ギブスン


ドリフターズ 5巻 (ヤングキングコミックス)
 大きな戦さのための下準備の伏線巻。関ヶ原の合戦→廃城という流れなのかな。にしても連載でぐっときた「二航戦だ」はここで読んでもぐっとくるなぁ。読了日:6月7日 著者:平野耕太

青春SF小説2

小説

き続きプロットを組み立てている。ざっとしたキャラクター表とアウトラインをつくりエピソードを用意したところまで、かなりさくさくと作ることができた。なるほどやっぱり1作、ちゃんと書き上げたことは自分のなかで機能しているのだなと実感した。その一方で、確かにこのぼんやりとしたプロットの状態でなにがしかアドバイスをもらおうとするのはなかなかむつかしいのではないかとも思った。構成や文体、演出などはほとんどなにも決まっていないに等しいからだ。とりあえず、後輩・HとのSkypeをする。キャラクター表を見てもらい、ヒロインがより魅力的になるようにアドバイスをもらう。そして目下のネックとなっていた「この作品の売り」の部分を相談する。その時点でプロットは非常にプレーンな恋愛青春小説の構造を出ていなかったのだ。いろいろとアイデアを出し、あーでもないこーでもないと試行錯誤した結果、ぴーんときて、いっそのこと現代ではなく未来を舞台にするのはどうかということになった。いいんじゃね、とぼくは思った。前につくった設定が使えるし。そのため今回の記事タイトルに「SF」が追加されることになった。舞台設定のアイデアは7年ほどまえに書き出しけっきょく書き上げることができなかったものを流用することにした。街の設定を成立から崩壊までいちから構築し、それを描こうとして失敗したものだ。その設定をつかい、あくまでキャラクターのドラマをメインにしたストーリーにする。瑞々しさマシマシで! いまのところ自分にできるのはそれぐらいだろう。舞台設定が決まったことで時代にそぐわない部分を調整しつつ、アウトラインとエピソードを見直し、早く本文を書き出したいものだ。いろいろとエピソードが浮かんでいる。とここまで書いてああわりと今回のアイデア、というか思いつきは自分のなかでしっくりくることなんだなと気がついた。SFから距離を置こうと思っていたわけではないのだけれど、今回は外しておこうと区切って考えていたところにSF設定を導入するとすごくしっくりくる。好きなものからは逃れようがないということだし、ちゃんと悔しくなったりへこんだりすればいいのかもな。いや、これは消費の話でもあるのだけれど。