すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

やつはみ喫茶読書会四十八冊目『My Humanity』

My Humanity

My Humanity

My Humanity (ハヤカワ文庫JA)

My Humanity (ハヤカワ文庫JA)

 やつはみ喫茶読書会四十八冊目『My Humanity』@半杓亭

  • 日時:2018/02/03(土)開始16:00 終了17:30
  • 課題図書:長谷敏司『My Humanity』ハヤカワ文庫JA
  • 作品内容:擬似神経制御言語ITPによる経験伝達と個人の文化的背景との相克を描く「地には豊穣」、ITPによる小児性愛者の矯正がグロテスクな結末を導く「allo,toi,toi」――長篇『あなたのための物語』と同設定の2篇にくわえ、

軌道ステーションで起きたテロの顛末にして長篇『BEATLESS』のスピンオフ「Hollow Vision」、自己増殖ナノマシン禍に対峙する研究者を描いた書き下ろし「父たちの時間」の全4篇を収録した著者初の作品集。第35回日本SF大賞受賞作。

  • 場所:半杓亭
  • 参加費:お茶おやつ代1000円(この会でしか食べられない、おいしいおやつがでますよ~)
  • スケジュール:読書会16:00-17:30 二次会18:00-20:00
  • 定員:12名。要予約。開催の1週間前までにご連絡ください。定員に達した場合も告知いたします。またキャンセルされる場合はなるべく早めにご連絡ください。当日キャンセルをされる場合はキャンセル料をいただきます。あらかじめご了承ください。
  • 予約先:初めて参加されるかたは、yatsuhamicafe.reading(at)gmail.comに1.お名前と2.ご連絡先、3.過去に読書会に参加したことがあるか、4.アルコールの出る二次会の出欠を記載の上、ご連絡ください。※2、3日経ってもメールの返信がない場合はお手数ですが迷惑メールフォルダをチェックされるか、こちらの記事にメールした旨のコメントを書き込みください。
  • Twitterhttps://twitter.com/yatsuhamibook

精霊使いと軌道猟兵(トニトルス)2

kakuyomu.jp
 はい、どーもー、第2話です。公開しました。よろしくお願いします。


 どうにかひと月ぐらいで2話目を更新したわけなのですが、うーん、どうやらWeb小説の更新頻度というのはもっと頻繁のようでして、ちょっと忘れられている感がありますが、まあしょうがない。このペースでだいたい1000字ごとにエピソードを追加しながら書いていきたいと思います。次こそ、物語が動きますよ。

12月の読書のまとめ

読んだ本の数:1冊
読んだページ数:256ページ

悲しい話は終わりにしよう

悲しい話は終わりにしよう

■悲しい話は終わりにしよう
 現実にうまくフィットインできない若者を描くのが青春小説であれば、彼の失墜と再生を含めてこの作品は全き青春小説である。すばらしかった。主人公の会話もひねくれててよかったし、土地勘もあるのでとても楽しめた。読了日:12月06日 著者:小嶋陽太郎


 ちょっとびっくりしたのだけれど、小説が1冊しか読めていない。と思ったけどもマンガは読んでた。

 音楽の力を教えてくれる、思い出させてくれる、とてもよいマンガだった。ドラマがしっかりしていて、日常のなかから遊離せず描けるのはすごいなと思った。 鳥飼茜の解呪系コミック。これもとてもよかった。