すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

やつはみ喫茶読書会四十五冊目『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』

アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))

アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))

 やつはみ喫茶読書会四十五冊目フィリップ・K・ディックアンドロイドは電気羊の夢を見るか?』@半杓亭
 2017/07/22(土)開場15:00 開始15:30 終了18:00*1
 課題図書:フィリップ・K・ディックアンドロイドは電気羊の夢を見るか?』ハヤカワ文庫SF
 作品内容: 長く続いた戦争のため、放射能灰に汚染され廃墟と化した地球。生き残ったものの中には異星に安住の地を求めるものも多い。そのため異星での植民計画が重要視されるが、過酷で危険を伴う労働は、もっぱらアンドロイドを用いて行われている。また、多くの生物が絶滅し稀少なため、生物を所有することが一種のステータスとなっている。そんななか、火星で植民奴隷として使われていた8人のアンドロイドが逃亡し、地球に逃げ込むという事件が発生。人工の電気羊しか飼えず、本物の動物を手に入れたいと願っているリックは、多額の懸賞金のため「アンドロイド狩り」の仕事を引き受けるのだが……。
 場所:半杓亭
 参加費:お茶おやつ代600円(この会でしか食べられない、おいしいおやつがでますよ~)
 定員:12名。要予約。開催の1週間前までにご連絡ください。定員に達した場合も告知いたします。またキャンセルされる場合はなるべく早めにご連絡ください。当日キャンセルをされる場合はキャンセル料をいただきます。あらかじめご了承ください。
 予約先:初めて参加されるかたは、yatsuhamicafe.reading(at)gmail.comにお名前とご連絡先、過去に読書会に参加したことがあるか、アルコールの出る二次会の出欠を記載の上、ご連絡ください。
 Twitterhttps://twitter.com/yatsuhamibook

*1:場所を移動して行う、アルコールの出る二次会もあります。お問い合わせ下さい。

やつはみ喫茶読書会四十四冊目 『ジュラネスク』

久生十蘭ジュラネスク---珠玉傑作集 (河出文庫)

久生十蘭ジュラネスク---珠玉傑作集 (河出文庫)

 やつはみ喫茶読書会四十四冊目 久生十蘭『ジュラネスク』@半杓亭
 2017/06/11(日)開場10:00 開始10:20 終了12:00
 課題図書:久生十蘭『ジュラネスク 珠玉傑作集』河出文庫
 作品内容:「小説というものが、無から有を生ぜしめる一種の手品だとすれば、まさに久生十蘭の短篇こそ、それだという気がする」と澁澤龍彦が評した文体の魔術師・久生十蘭。人生の求道やら何やらを峻拒した彼の真骨頂を示す、絢爛豪華なめくるめく綺想の世界を堪能できる1冊です。
 場所:半杓亭
 参加費:お茶おやつ代1000円(この会でしか食べられない、おいしいブランチがでますよ~)
 定員:9名。要予約。開催の1週間前までにご連絡ください。定員に達した場合も告知いたします。定員に達しました。今回の参加募集は終了いたします。ありがとうございました。またキャンセルされる場合はなるべく早めにご連絡ください。当日キャンセルをされる場合はキャンセル料をいただきます。あらかじめご了承ください。
 連動企画:今回は、会場の半杓亭さんに隣接するお寺・瑞松寺さんの坐禅会と連動した企画になっています。午前8時より坐禅会を行い、終了後、午前10時より読書会を行います。ご注意ください。
 予約先:初めて参加されるかたは、yatsuhamicafe.reading(at)gmail.comにお名前とご連絡先、過去に読書会に参加したことがあるか、坐禅会への出欠、およびアルコールの出る二次会の出欠を記載の上、ご連絡ください。
 Twitterやつはみ喫茶読書会 (@yatsuhamibook) | Twitter

 今回は8名の参加でした。うち2名が初参加のかたでした。坐禅会を終えての読書会――今回だけの豪華なブランチがついてくる会だったのでおいしいおいしいと食べるのに一生懸命で、前半を終え休憩の時点で2篇までしか話せておらず、後半がけっこう駆け足になってしまいました。ちょっと予想できておらず甘かったですね。特に「死亡通知」はこの短篇集のなかでいちばん長いものだったので、ここでもう少し時間を取れたらなぁと思いました。時間配分、気をつけていきたいですね。会そのものはむつかしい言い回しと構成とでどうだこうだと話題に困ることはなかったように思ったので比較的盛り上がったのではないでしょうか。最後にブランチの画像を貼っておきますね。

f:id:KASUKA:20170611095145j:plain

5月のまとめ

読んだ本の数:9冊
読んだページ数:2429ページ


パーマネント神喜劇

パーマネント神喜劇

■パーマネント神喜劇
 プルーフで。神社の神様が人間社会における会社の査定制度みたいなシステムに翻弄され、その神様に翻弄される人間を描いたコメディ。切り取られる人生の細部にときたまはっとさせられる。読了日:05月30日 著者:万城目学


自生の夢

自生の夢

■自生の夢
 初出時にすべて読んでいたので実質再読。「自生の夢」に至っては4回目か。しかしこう並ぶとなるほど表題作を中心とした流れがきっちりとあることがわかっておもしろい。どの短篇もひとの手に負えない巨大で遠大なものを、その周囲を描くことで浮き上がらせようとしているように読める。そこに音楽、料理、誰かへの発破や追悼といったとっかかりが用意されているように思える。まあ思えるからってじゃあ読み解けるのかって言われれば別の問題だけれども。この多層さがやっぱりさすがだなぁと。読了日:05月24日 著者:飛浩隆


宝石の国(7)特装版 (プレミアムKC アフタヌーン)
 表紙、誰だよ!!とまあ冗談はともかく今回も謎は深まり金剛先生の示唆もあり着実に進展してますね。そしてフォスはついに大きな賭けに。にしても思考速度が上がって物語の展開スピードも上がったように思うのがおもしろい。イラスト集はコメンタリーがついている。読了日:05月23日 著者:市川 春子


あなたの人生の物語 (ハヤカワ文庫SF)

あなたの人生の物語 (ハヤカワ文庫SF)

■あなたの人生の物語 (ハヤカワ文庫SF)
 映画「メッセージ」を観たので表題作「あなたの人生の物語」を再読してみた。完全に忘れていたし初読時の感想もここにはないのだけれど、語りとアイデアが完璧に乳化した傑作短篇だったんだなと。ぜんぜんわかってなかったんだなと。あと子どもの描写が、確実に加齢によって読み方が変わっていてめちゃくちゃグッとくるようになっていた。読了日:05月22日 著者:テッド・チャン


■捜査一課殺人班イルマ ファイアスターター
 イルマ2、今回もおもしろかった! 東京湾上のガス井プラットフォームでのクローズド・サークルもの。というかそこまで孤立無援の状況を設定しないと、イルマがどんどん事件を解決してしまいそうなほど、優秀な警察官だとわかる1冊というか。副題のファイアスターターの意味が転じるのもよかった。読了日:05月16日 著者:結城充考


アリスと蔵六 8 (リュウコミックス)

アリスと蔵六 8 (リュウコミックス)

アリスと蔵六 8 (リュウコミックス)
 今回は完全にイーガンのテーマでしたね。本人と他者での理解の差と、超越知性としての差がどういう風に描かれ着地していくのか。あとは蔵六とクロエとの出会いがどういう物語なのか、かな。読了日:05月15日 著者:今井哲也


まもって守護月天! 解封の章 1 (BLADE COMICS)
 10代の頃にどうにも恥ずかしくてこそこそ読んできゅんきゅんしていたマンガの続編。で、まさかいま読んでも顔が赤くなって恥ずかしくなるぐらい繊細な感情が描かれていて、(刷り込みもあるんだろうけれど)なんともすごいことだ。ストーリーは副題の通りに進むのだろうけれど翔子の考えにあるようにこれは悲恋にならざるを得ないのではなかろうか。あとそれとキリュウは出てこないのかな。再逢のほうを読んでいなかったので慌ててネットで情報をあさってしまったぜw 読了日:05月14日 著者:桜野みねね


■うどん キツネつきの (創元SF文庫)
 小出しにされる背景情報にどきどきさせられ、巨大な絵となるラストへとつながっていく描き方として「巨きなものの還る場所」がおもしろかった。不穏さでは「おやすみラジオ」が群を抜いていたように思う。「母なる島」は『NOVA6』のほうで読んだはずなのに完璧に忘れていて、なんか似たモチーフで書く人いるんだなぁと思っていたら同じ作品で同じ作者だったみたいな驚きを得られた(どうなんだそれ)。読了日:05月13日 著者:高山 羽根子


恋は光 6 (ヤングジャンプコミックス)

恋は光 6 (ヤングジャンプコミックス)

■恋は光 6 (ヤングジャンプコミックス)
 もしかしてこれ……誰ともくっつかないパターンでは!? 次巻も楽しみだ。読了日:05月11日 著者:秋枝