すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

やつはみ喫茶読書会五十三冊目『寒い国から帰ってきたスパイ』

寒い国から帰ってきたスパイ (ハヤカワ文庫 NV 174)

寒い国から帰ってきたスパイ (ハヤカワ文庫 NV 174)

 やつはみ喫茶読書会五十三冊目『寒い国から帰ってきたスパイ』@半杓亭

  • 日時:2018/12/08(土)開始16:00 終了18:00
  • 課題図書:ジョン・ル・カレ『寒い国から帰ってきたスパイ』ハヤカワ文庫NV
  • 作品内容:ベルリンの壁を境に展開される英独諜報部の熾烈な暗闘を息づまる筆致で描破! 作者自身情報部員ではないかと疑われたほどのリアルな描写と、結末の見事などんでん返しとによってグレアム・グリーンに絶賛され、英国推理作家協会賞、アメリカ探偵作家クラブ賞両賞を獲得したスパイ小説の金字塔!
  • 場所:半杓亭
  • 参加費:お茶おやつ代1000円(この会でしか食べられない、おいしいおやつがでますよ〜)
  • スケジュール:読書会16:00-18:00 二次会18:30-20:00
  • 定員:12名。要予約。開催の1週間前までにご連絡ください。定員に達した場合も告知いたします。またキャンセルされる場合はなるべく早めにご連絡ください。当日キャンセルをされる場合はキャンセル料をいただきます。あらかじめご了承ください。
  • 予約先:初めて参加されるかたは、yatsuhamicafe.reading(at)gmail.comに1.お名前と2.ご連絡先、3.過去に読書会に参加したことがあるか、4.アルコールの出る二次会の出欠を記載の上、ご連絡ください。※2、3日経ってもメールの返信がない場合はお手数ですが迷惑メールフォルダをチェックされるか、こちらの記事にメールした旨のコメントを書き込みください。
  • Twitterhttps://twitter.com/yatsuhamibook
  • 後援:翻訳ミステリー大賞シンジケート 第53回やつはみ喫茶読書会のご案内 | 翻訳ミステリー大賞シンジケート

10月の読書のまとめ

読んだ本の数:8冊


おうむの夢と操り人形 (Kindle Single)

おうむの夢と操り人形 (Kindle Single)

■おうむの夢と操り人形 (Kindle Single)
 人型のスマートスピーカーをどんなふうに活用していくのか、という話からアナログハックへと展開していく手際は見事。何をもって「邪悪」となるのかという問いも投げかけているようにも思った。おもしろかった。読了日:10月29日 著者:藤井太洋


熱帯

熱帯

■熱帯
 プルーフで。入れ子構造がすばらしい、小説についての小説。読了日:10月21日 著者:森見登美彦


ものするひと 2 (ビームコミックス)

ものするひと 2 (ビームコミックス)

■ものするひと 2 (ビームコミックス)
 待ち会の話がよかった。ふわふわした感じが。読了日:10月16日 著者:オカヤイヅミ


FEEL YOUNG(フィールヤング) 2018年 11 月号 [雑誌]
 綿貫芳子の新作「真夏のデルタ」目当てで。読了日:10月12日


虫眼とアニ眼 (新潮文庫)

虫眼とアニ眼 (新潮文庫)

■虫眼とアニ眼 (新潮文庫)
 典型的な「専門外のことを語ると馬脚を現すスペシャリスト」の対談だった。昔はよかったに終始しててげんなり。なので白眉はやはり映像についてちゃんと語っているところか。あとわかんないなら最初から映画の解説の仕事受けなきゃいいのにね。読了日:10月08日 著者:養老孟司,宮崎駿


彼女がエスパーだったころ (講談社文庫)

彼女がエスパーだったころ (講談社文庫)

■彼女がエスパーだったころ (講談社文庫)
 読書会用。再読。初読時ほどの感動はなかったけれど、でもだからこそテーマそのものをしっかり読めたように思う。あと背景の日本がちゃんとSF的に分岐した世界っぽいほのめかしがあって、それに気がつけたのも収穫か。読了日:10月03日 著者:宮内悠介


■オッドマン11 (メガストアコミックス)
 ストーリーがもうちょっと濃密なのを期待していたら意外にあっさりとした読み味で、でもけっこう関係性は切ない。あとニッケル・オデオンにいたキャラが出てきてちょっとうれしい。読了日:10月02日 著者:道満晴明


ヒナまつり 15 (ハルタコミックス)
 ヒナたちの出自が語られる回。新田がめんどうなことになるから未来について触れなかったという下りがあり、え?むしろそこが重要じゃないの?とSF脳が発揮されてしまった。ギャップ! 読了日:10月02日 著者:大武政夫


 あと今月のまとめ読みは『ガンスリンガー・ガール』を。機械化された少女と教育係の関係性に、福祉公社という設定に政治的暗闘とテロリストに銃器、とまさにフルコースで琴線を刺激されまくりの作品だった。これもっと若い頃に読んでたらまずかったな、と本気で思わせられた。

やつはみ喫茶読書会五十二冊目『彼女がエスパーだったころ』

彼女がエスパーだったころ (講談社文庫)

彼女がエスパーだったころ (講談社文庫)

 やつはみ喫茶読書会五十二冊目『彼女がエスパーだったころ』@半杓亭

  • 日時:2018/10/13(土)開始16:00 終了18:00
  • 課題図書:宮内悠介『彼女がエスパーだったころ』講談社文庫
  • 作品内容:スプーンなんて、曲がらなければよかったのに――。百匹目の猿エスパー、オーギトミー、代替医療……人類の叡智=科学では捉えきれない超常現象を通して、人間は再発見される。進化を、科学を、未来を――人間を疑え。SFとミステリの枠を超えたエンターテインメント短編集。吉川英治文学新人賞受賞作。
  • 場所:半杓亭
  • 参加費:お茶おやつ代1000円(この会でしか食べられない、おいしいおやつがでますよ〜)
  • スケジュール:読書会16:00-18:00 二次会18:30-20:00
  • 定員:12名。要予約。開催の1週間前までにご連絡ください。定員に達した場合も告知いたします。またキャンセルされる場合はなるべく早めにご連絡ください。当日キャンセルをされる場合はキャンセル料をいただきます。あらかじめご了承ください。
  • 予約先:初めて参加されるかたは、yatsuhamicafe.reading(at)gmail.comに1.お名前と2.ご連絡先、3.過去に読書会に参加したことがあるか、4.アルコールの出る二次会の出欠を記載の上、ご連絡ください。※2、3日経ってもメールの返信がない場合はお手数ですが迷惑メールフォルダをチェックされるか、こちらの記事にメールした旨のコメントを書き込みください。
  • Twitterhttps://twitter.com/yatsuhamibook