すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

やつはみ喫茶読書会五十六冊目『金の国 水の国』

 やつはみ喫茶読書会五十六冊目『金の国 水の国』@半杓亭

  • 日時:2019/06/29(土)開始16:00 終了18:00
  • 課題図書:岩本ナオ金の国 水の国』フラワーコミックスアルファ
  • 作品内容:昔々、隣り合う仲の悪い国がありました。毎日毎日、つまらないことでいがみ合い、とうとう犬のうんこの片づけの件で戦争になってしまい慌てて仲裁に入った神様は2つの国の族長に言いました。A国は国で一番美しい娘をB国に嫁にやりB国は国で一番賢い若者をA国に婿にやりなさい―――そんな中、A国の姫・サーラはB国の青年・ナランバヤルと偶然出会い……『町でうわさの天狗の子』の岩本ナオが292Pのボリュームで贈る、おとぎ嫁婿ものがたり。
  • 場所:半杓亭
  • 参加費:お茶おやつ代1000円(この会でしか食べられない、おいしいおやつがでますよ〜)
  • スケジュール:読書会16:00-18:00 二次会18:30-20:00
  • 定員:12名。要予約。開催の1週間前までにご連絡ください。定員に達した場合も告知いたします。またキャンセルされる場合はなるべく早めにご連絡ください。当日キャンセルをされる場合はキャンセル料をいただきます。あらかじめご了承ください。
  • 予約先:初めて参加されるかたは、yatsuhamicafe.reading(at)gmail.comに1.お名前と2.ご連絡先、3.過去に読書会に参加したことがあるか、4.アルコールの出る二次会の出欠を記載の上、ご連絡ください。※2、3日経ってもメールの返信がない場合はお手数ですが迷惑メールフォルダをチェックされるか、こちらの記事にメールした旨のコメントを書き込みください。
  • Twitterhttps://twitter.com/yatsuhamibook

町でうわさの天狗の子 1 (フラワーコミックスアルファ)

町でうわさの天狗の子 1 (フラワーコミックスアルファ)

5月の読書のまとめ

読んだ本の数:10冊

[まとめ買い] 世界は寒い
■世界は寒い 1 2 (フィールコミックス FCswing)
 青春ノワールの傑作だった。後半が駆け足とのことだけれど、これぐらい圧縮してあるほうが好きで、よかった。ダークな部分のほのめかし、人間関係、たまらない感じでしたね。読了日:05月12日 著者:高野雀


ライドンキング(2) (シリウスコミックス)
■ライドンキング(2) (シリウスKC)
 異世界転移ものとしてはひどくまっとうなストーリー運びだけれど、こちらの世界でも英雄的な強靭さを持った人物であることと、やれなかったことを取り戻そうとしているみたいな部分とが彼が転移したことによる物語のフックになっているように思える。おもしろい。読了日:05月09日 著者:馬場康誌


違国日記(4)【電子限定特典付】 (FEEL COMICS swing)違国日記(3)【電子限定特典付】 (FEEL COMICS swing)違国日記(2)【電子限定特典付】 (FEEL COMICS swing)違国日記(1) (FEEL COMICS swing)
■違国日記 1〜4 (フィールコミックス FCswing)
 改めて読んで。べらぼうにおもしろくて、わかってたわかってたけどおもしろいマンガ描く人だってわかってだけどおもしろいって悶絶した。いやー、すごかった。すばらしいバランス感覚。思わず自分に引きつけて読んでしまう。「あくまで他人は他人」読了日:05月06日 著者:ヤマシタトモコ


SFが読みたい!2019年版
SFが読みたい!2019年版
読了日:05月05日 著者:SFマガジン編集部


SFマガジン 2019年 02 月号
SFマガジン 2019年 02 月号
 伴名練氏の短篇集はまだなんだろうか、という気にさせられるすばらしい短篇だった。「彼岸花」。読了日:05月04日


マーベルズ (ShoPro Books)
■マーベルズ (ShoPro Books)
『エンドゲーム』と『スパイダーバース』を見たので改めて。驚嘆すべき人々を市井の側から描くことが人の愚かさを描くことになっているのだなと思った。読んでいる途中ではわかった気になれるのに読み終えると消えてしまうものがあって以前読んだ時よりもかなり面白く読めた。読了日:05月03日 著者:カート・ビュシーク


 マンガアプリを導入していろいろ読んでいると、本という単位で読んだ気にならないのでなかなか読書メーターに登録する気にならないことがわかる。『ゆるキャン』をずっとループしながら読み続けている。さいこうです。
[まとめ買い] ゆるキャン△

4月の読書のまとめ

読んだ本の数:6冊

■私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな (ポプラ文庫)
 だんだん結婚ってなんだっけ、これってゲシュタルト崩壊していくぐらいには、やったことやられたことが網羅されていてうなずくばかり。勉強になりました。読了日:04月26日 著者:ジェーン・スー


竜のグリオールに絵を描いた男 (竹書房文庫)

竜のグリオールに絵を描いた男 (竹書房文庫)

■竜のグリオールに絵を描いた男 (竹書房文庫)
 読書会用。巨大な竜のグリオールがいる世界を、緻密に描写を重ねることで描き出す。生きている人々は結局ぼくらとそう変わらないことがわかってくると、この作品の意味もまたわかってくるのだなと思った。読了日:04月18日 著者:ルーシャス・シェパード


本屋大賞2019 (本の雑誌増刊)

本屋大賞2019 (本の雑誌増刊)

本屋大賞2019
 今年も献本いただきました。今年はコメント使われていないのでちょっと残念。読了日:04月16日


乙女文藝ハッカソン(2) (イブニングKC)

乙女文藝ハッカソン(2) (イブニングKC)

■乙女文藝ハッカソン(2) (イブニングKC)
 読んでて執筆へのやる気が出てくるのよね。今回もよかった。次巻で完結らしいのが惜しい。読了日:04月13日 著者:山田しいた


岩本ナオ 古今東西しごと集 (フラワーコミックススペシャル)
 カラーイラストやペーパーなどを作品ごとに収録した1冊。信じていいかは別として『金の国 水の国』のサイン会用あとがきペーパーにて執筆経緯が赤裸々につづられており、おいおいまじかよすげぇなとなる。これを読めただけでもよかったな。読了日:04月11日 著者:岩本ナオ


マロニエ王国の七人の騎士 (3) (フラワーコミックスアルファ)
 眠くない編が終わり獣使い編へ。謎めいた伏線が貼られていきつつも、きゅんきゅんする展開もあり、さすがの作劇でさあ。読了日:04月10日 著者:岩本ナオ