すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

やつはみ喫茶読書会五十二冊目『彼女がエスパーだったころ』

彼女がエスパーだったころ (講談社文庫)

彼女がエスパーだったころ (講談社文庫)

 やつはみ喫茶読書会五十二冊目『彼女がエスパーだったころ』@半杓亭

  • 日時:2018/10/13(土)開始16:00 終了18:00
  • 課題図書:宮内悠介『彼女がエスパーだったころ』講談社文庫
  • 作品内容:スプーンなんて、曲がらなければよかったのに――。百匹目の猿エスパー、オーギトミー、代替医療……人類の叡智=科学では捉えきれない超常現象を通して、人間は再発見される。進化を、科学を、未来を――人間を疑え。SFとミステリの枠を超えたエンターテインメント短編集。吉川英治文学新人賞受賞作。
  • 場所:半杓亭
  • 参加費:お茶おやつ代1000円(この会でしか食べられない、おいしいおやつがでますよ〜)
  • スケジュール:読書会16:00-18:00 二次会18:30-20:00
  • 定員:12名。要予約。開催の1週間前までにご連絡ください。定員に達した場合も告知いたします。またキャンセルされる場合はなるべく早めにご連絡ください。当日キャンセルをされる場合はキャンセル料をいただきます。あらかじめご了承ください。
  • 予約先:初めて参加されるかたは、yatsuhamicafe.reading(at)gmail.comに1.お名前と2.ご連絡先、3.過去に読書会に参加したことがあるか、4.アルコールの出る二次会の出欠を記載の上、ご連絡ください。※2、3日経ってもメールの返信がない場合はお手数ですが迷惑メールフォルダをチェックされるか、こちらの記事にメールした旨のコメントを書き込みください。
  • Twitterhttps://twitter.com/yatsuhamibook