すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

5月の読書のまとめ

読んだ本の数:5冊


絞首台の黙示録 (ハヤカワ文庫JA)

絞首台の黙示録 (ハヤカワ文庫JA)

■絞首台の黙示録 (ハヤカワ文庫JA)
 読書会用。ただただフェアであろうとする会話が続き、不意にまるでぼくのことを書いてもらえたような錯誤を得、しかし話は意外なかたちで収束する。なんとも感想の書きづらい小説で、でも嫌いになれないのは長年のファンだからということを引いてもやっぱりあるんだよなあ。読了日:05月22日 著者:神林長平


海辺の病院で彼女と話した幾つかのこと

海辺の病院で彼女と話した幾つかのこと

■海辺の病院で彼女と話した幾つかのこと
 タイトルからちょっと想像もつかないレベルでのアクションとバトルものでびっくりしたのだけれど、あとがきにあるタイトルよりかはいまのほうがよいのでそれはそれとなった。謎への情報の出し方とそこからの苛烈な展開、そしてラストへと持続するリーダビリティに、さすがだなぁと思った。なによりも女の子が肉感的でかわいいのがいいよね。読了日:05月07日 著者:石川博品


■クロニスタ 戦争人類学者 (ハヤカワ文庫JA)
伊藤計劃トリビュート』の1作であったことを失念して読んでいたので、ふむふむ構造は『虐殺器官』で設定周りは『ハーモニー』への目配せなんだなと素で読み取っていた。展開が似たような連続になってしまっていることと、感情移入する前にリリカルさを発揮されてしまうあたりで、どうしても散漫な印象を受けてしまった。読了日:05月05日 著者:柴田勝家


■さみしくなったら名前を呼んで (幻冬舎文庫)
 思春期の一時期を見事に切り取った短篇集。現代的な視点で、大人がこぼしてきてしまったのを丁寧にすくいあげるので、真っ只中のひとよりもまだこういう感覚がくすぶっているひとにするどく響く作品になってるんだよなぁ。やっぱりさすがだ。読了日:05月04日 著者:山内マリコ


ものするひと 1 (ビームコミックス)

ものするひと 1 (ビームコミックス)

■ものするひと 1 (ビームコミックス)
 この小説家は自分の中の詩人を殺すことなく書き続けられていてすごいなぁって思いました。対談で言うところの能天気さが必要っていうのはまさにこういうことなのだかなという、雰囲気が見事に描かれているような、そういうマンガでした。読了日:05月03日 著者:オカヤイヅミ


 あ、今月は漫画のまとめ読みしなかったみたいですね。ふむ、ゲーム(MOBA)が忙しすぎたか。