すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

精霊使いと軌道猟兵(トニトルス)3

kakuyomu.jp
 よいしょー、と第3話です。


 今回でよかったことは、書いててどうしてもつまんないなぁーって思い始めたら作中に変化をもたせるっていうこと。それでなんとか二回ほど山を越えて書き上げることができた。そして気がつくと3話が1話と2話を足したよりも多い文字数になってしまっている。前回は1000字くらいとか言ってたのに。なにより、当初のメモとはだんだんと話がずれ始めている……。ま、是非もないよネ!