すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

12月の読書のまとめ

読んだ本の数:1冊
読んだページ数:256ページ

悲しい話は終わりにしよう

悲しい話は終わりにしよう

■悲しい話は終わりにしよう
 現実にうまくフィットインできない若者を描くのが青春小説であれば、彼の失墜と再生を含めてこの作品は全き青春小説である。すばらしかった。主人公の会話もひねくれててよかったし、土地勘もあるのでとても楽しめた。読了日:12月06日 著者:小嶋陽太郎


 ちょっとびっくりしたのだけれど、小説が1冊しか読めていない。と思ったけどもマンガは読んでた。

 音楽の力を教えてくれる、思い出させてくれる、とてもよいマンガだった。ドラマがしっかりしていて、日常のなかから遊離せず描けるのはすごいなと思った。 鳥飼茜の解呪系コミック。これもとてもよかった。