すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

8月の読書のまとめ

読んだ本の数:7冊
読んだページ数:1831ページ


TYPE-MOONエースVOL.12 (カドカワムック)

TYPE-MOONエースVOL.12 (カドカワムック)

TYPE-MOONエースVOL.12 (カドカワムック)
 東出祐一郎さんのインタビューで『猫の地球儀』への言及があって、ふわあああ同世代!ってなりました。にしてもほんとにあと2章分を年内にやれるんでしょうか。日数的に。読了日:08月31日


あいどる (角川文庫)

あいどる (角川文庫)

■あいどる (角川文庫)
 うはあ、すごいSFだった。今作で際立ったギブスンの凄さはやはり都市への批評性だと思った。特に知っている場所であるということがここまで笑えるシーンへとつながるとは思わなかった。ガジェットと拡張された思考と、些細な事件とサブカルチャーが密接に絡んで結節点は明らかに新しい階梯を登るものってのがいやはやさすがだなぁ。この細部の厚みに読み始めはすごくじりじりするんだけれど、脳が慣れてくるとだんだん心地よくなっていくのも読書してるって感じがあっていい。読了日:08月24日 著者:ウィリアム・ギブスン


■虚構推理(1) (講談社コミックス月刊マガジン)
 ヒロインがかわいいし、異形が存在しているということを前提とした推理モノなのでここからどうなるのか、気になる。読了日:08月24日 著者:片瀬茶柴


■AIの遺電子(1)(少年チャンピオン・コミックス)
 なるほど。こういうテイストなのか。人と人に似た存在によって描かれる人間性の短篇連作もの。大きな下地になるストーリーとしては主人公の母にまつわる謎があるのかな。読了日:08月19日 著者:山田胡瓜


マロニエ王国の七人の騎士 1 (フラワーコミックスアルファ)
 岩本ナオの最新刊は中世ファンタジー。能力を秘めた7人の兄弟騎士たちが、岩本ナオのすごく身近で繊細なタッチで思い悩み、隣国との政治的な謀略に巻き込まれていく、この時点でもうかなり大好きなシリーズになることが確定的に明らかな、その1冊目!続きが楽しみだ!読了日:08月11日 著者:岩本ナオ


セカイ系とは何か (星海社文庫)
 現在流布している「セカイ系」の定義へと、どのように意味が変遷していったかをポスト・エヴァの文化史としてまとめてある良書。著者と同世代ではあるので当時の心持ちを思い出せるほど、きちんとした整理がなされていてすばらしい。一方で07-09年あたりの論壇へと波及していった流れ(『ゼロ想』は連載を読んではいたが)は抑えられていなかったので勉強になった。10年代に入っての流れも補足されいるし『まどマギ』への既視感を「ゼロ年代を総括した作品」と表現してあり納得した。とても資料性が高い1冊だった。読了日:08月07日 著者:前島賢


スクリプトドクターの脚本教室・初級篇

スクリプトドクターの脚本教室・初級篇

スクリプトドクターの脚本教室・初級篇
 4章まででいかに脚本に感情的なうねりを用意して、自己の思考の殻を破り、視聴者に伝えるのかが書いてある。倫理的なことを書いておけば必ずしもいい脚本にはならないのは確かにそうだなと思った。社会的な、ありもしない一般的という人の目を気にして、縮こまった小説しか書けていないぼくにはとても参考になった。後半はスクリプトドクターの仕事について。ノンクレジット契約の仕事というのには驚いた。読了日:08月07日 著者:三宅隆太