すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

6月の読書のまとめ

読んだ本の数:24冊

 なんかコミック買いすぎな気がしないでもないですが、マテリアルとしての本はそんなに増えていないので良しとしましょう。けっきょく置き場所に困るということに気がつき始めました。


たいようのいえ(1) (デザートコミックス)たいようのいえ(2) (デザートコミックス)たいようのいえ(3) (デザートコミックス)たいようのいえ(4) (デザートコミックス)たいようのいえ(5) (デザートコミックス)たいようのいえ(6) (デザートコミックス)たいようのいえ(7) (デザートコミックス)たいようのいえ(8) (デザートコミックス)たいようのいえ(9) (デザートコミックス)たいようのいえ(10) (デザートコミックス)たいようのいえ(11) (デザートコミックス)たいようのいえ(12) (デザートコミックス)たいようのいえ(13) (デザートコミックス)
たいようのいえ 1~13 (KC デザート)
 絵柄がかわいくてずっと前から読みたいと思っていた。Kindleで購入。2、3日かけて少しずつ読み進めた。疑似家族ものがだんだんと意味をスライドさせて恋愛ものになっていく、大きな意味で愛の物語だった。たいへんおもしろかったし、前述したが主人公の女の子がすごくかわいいのと、ぶっきらぼうな口調とのギャップ、そしてそれがだんだんと直っていくのがとてもよかった。長期連載なので、冒頭ではケータイ小説が重要な意味を持っているが、後半ではさらりとスマートフォンが出てきていたりと時の流れを感じさせる。読了日:06月28日 著者:タアモ


平賀源内捕物帳 (朝日文芸文庫)
 久生十蘭が別名で書いた、平賀源内が探偵役の捕物帖。冒頭の1作目が、最初は流星による殺人と見せてさらなるトリックでという……ケレン味たっぷりの推理小説で驚いた。文体も流麗でキャラも立っててさらさら読める。ただ後半になるにつけだんだんとほめていいのかけなしていいのかよくわからないトリックが続き、さいごには探偵役が代わってしまう。なんとも不思議な小説だった。読了日:06月28日 著者:久生 十蘭


キッズファイヤー・ドットコム

キッズファイヤー・ドットコム

■キッズファイヤー・ドットコム
 プルーフで。これはほんと限定的なオススメの仕方だと思うのですが、「次世代型作家のリアル・フィクション」を好きだった方々にぜひ読んでもらいたいやつでした。「テクノロジーが人間をどう変えていくのか」をリリカルに描いた、海猫沢めろん先生の傑作SF『キッズファイヤー・ドットコム』をよろしくお願いします。読了日:06月22日 著者:海猫沢めろん


ゴーストマン 時限紙幣 (文春文庫)

ゴーストマン 時限紙幣 (文春文庫)

■ゴーストマン 時限紙幣 (文春文庫)
 かっこいいケイパー小説っていうのをまともに読んだのは初めてかもしれない。何者でないことで何者にもなれるというゴーストマンがすごくかっこよかった。ケータイをガンガン捨てたり車を乗り捨てたりそういう細部の積み重ねと、現在の追跡行と過去の犯罪とが交互に描かれる構成もさすがのでき。ジャックとアンジェラの関係も、安心感があっていいなぁ。こういう関係が描けるのがすごい。この小説がRHが生きていた証と言える、そういうすごい小説だった。読了日:06月19日 著者:ロジャー・ホッブズ


鋼の錬金術師 22巻 (デジタル版ガンガンコミックス)鋼の錬金術師 23巻 (デジタル版ガンガンコミックス)鋼の錬金術師 24巻 (デジタル版ガンガンコミックス)鋼の錬金術師 25巻 (デジタル版ガンガンコミックス)鋼の錬金術師 26巻 (デジタル版ガンガンコミックス)鋼の錬金術師 27巻 (デジタル版ガンガンコミックス)
鋼の錬金術師 27 (ガンガンコミックス)
 実写映画の予告編を見て、思わず実家の母に連絡し、棚に何巻まであるかを確認してもらって読んでいなかった巻を購入する。改めて(言うまでもなく)荒川弘のうまさは1コマで情報をどうやって見せるのか、戦闘シーンにおける伏線の貼り方というマンガ的なうまさにあると思う。それと大きな物語をがっつり考えて、それでいてほんとうにマンガに必要なところしか描かない抑制された理性が、ほんとうに信頼がおけるのだなと思った。それは見返しの作者コメントにも如実に描かれている。読了日:06月18日 著者:荒川弘


プリンセスメゾン 4 (ビッグコミックス)

プリンセスメゾン 4 (ビッグコミックス)

プリンセスメゾン 4 (ビッグコミックス)
 今回もよかったなぁ。ついに家を買う話。というかさまざまな、人生のありようを描くことで読者のいろいろな呪いを解いてくれる、とてもいいマンガです。読了日:06月14日 著者:池辺葵


久生十蘭ジュラネスク---珠玉傑作集 (河出文庫)

久生十蘭ジュラネスク---珠玉傑作集 (河出文庫)

久生十蘭ジュラネスク---珠玉傑作集 (河出文庫)
 読書会用。タイトルがさらっと意味を持つし、構成や漢語混じりの表現がほんとうに巧みで読んでいて惚れ惚れする。その表現力でもって凄惨なことも描かれるのできついこともあるし不穏さもすごい。特に好きなのは「生霊」「南部の鼻曲り」「影の人」「死亡通知」。読了日:06月02日 著者:久生十蘭