すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

やつはみ喫茶読書会四十四冊目 『ジュラネスク』

久生十蘭ジュラネスク---珠玉傑作集 (河出文庫)

久生十蘭ジュラネスク---珠玉傑作集 (河出文庫)

 やつはみ喫茶読書会四十四冊目 久生十蘭『ジュラネスク』@半杓亭
 2017/06/11(日)開場10:00 開始10:20 終了12:00
 課題図書:久生十蘭『ジュラネスク 珠玉傑作集』河出文庫
 作品内容:「小説というものが、無から有を生ぜしめる一種の手品だとすれば、まさに久生十蘭の短篇こそ、それだという気がする」と澁澤龍彦が評した文体の魔術師・久生十蘭。人生の求道やら何やらを峻拒した彼の真骨頂を示す、絢爛豪華なめくるめく綺想の世界を堪能できる1冊です。
 場所:半杓亭
 参加費:お茶おやつ代1000円(この会でしか食べられない、おいしいブランチがでますよ~)
 定員:9名。要予約。開催の1週間前までにご連絡ください。定員に達した場合も告知いたします。定員に達しました。今回の参加募集は終了いたします。ありがとうございました。またキャンセルされる場合はなるべく早めにご連絡ください。当日キャンセルをされる場合はキャンセル料をいただきます。あらかじめご了承ください。
 連動企画:今回は、会場の半杓亭さんに隣接するお寺・瑞松寺さんの坐禅会と連動した企画になっています。午前8時より坐禅会を行い、終了後、午前10時より読書会を行います。ご注意ください。
 予約先:初めて参加されるかたは、yatsuhamicafe.reading(at)gmail.comにお名前とご連絡先、過去に読書会に参加したことがあるか、坐禅会への出欠、およびアルコールの出る二次会の出欠を記載の上、ご連絡ください。
 Twitterやつはみ喫茶読書会 (@yatsuhamibook) | Twitter

 今回は8名の参加でした。うち2名が初参加のかたでした。坐禅会を終えての読書会――今回だけの豪華なブランチがついてくる会だったのでおいしいおいしいと食べるのに一生懸命で、前半を終え休憩の時点で2篇までしか話せておらず、後半がけっこう駆け足になってしまいました。ちょっと予想できておらず甘かったですね。特に「死亡通知」はこの短篇集のなかでいちばん長いものだったので、ここでもう少し時間を取れたらなぁと思いました。時間配分、気をつけていきたいですね。会そのものはむつかしい言い回しと構成とでどうだこうだと話題に困ることはなかったように思ったので比較的盛り上がったのではないでしょうか。最後にブランチの画像を貼っておきますね。

f:id:KASUKA:20170611095145j:plain