すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

やつはみ喫茶読書会四十三冊目 『私自身の見えない徴』

 やつはみ喫茶読書会四十三冊目 エイミー・ベンダー『私自身の見えない徴』@半杓亭
 2017/04/01(土)開場15:00 開始15:30 終了18:00*1
 課題図書:エイミー・ベンダー『私自身の見えない徴』角川文庫
 作品内容:10歳の時に父親が原因不明の病になり、モナは「止めること」を始めた。唯一続けたのは木をノックすること、そして数学。父の病は癒されず、世界は色を失いながら彼女は大人になった。20歳を過ぎたある日、小学校で算数を教えることになったモナ。個性ばらばら、手に負えない子供たちと交わりながら、閉じていた彼女の世界が否応なく開かれてゆく――。現代アメリカ文学の明るい、新たな可能性が垣間見える、著者初の長篇傑作。
 場所:半杓亭
 参加費:お茶おやつ代600円(この会でしか食べられない、おいしいおやつがでますよ~)
 定員:12名。要予約。開催の1週間前までにご連絡ください。定員に達した場合も告知いたします。またキャンセルされる場合はなるべく早めにご連絡ください。当日キャンセルをされる場合はキャンセル料をいただきます。あらかじめご了承ください。
 予約先:初めて参加されるかたは、yatsuhamicafe.reading(at)gmail.com宛に、1.お名前、2.ご連絡先、3.過去に読書会に参加したことがあるか、4.アルコールの出る二次会の出欠、を記載のうえご連絡ください。

 無事に終了しました~。今回は6名のかたにご参加いただきました。ありがとうございました。マジックリアリズム的な街や設定、多様な比喩をどうのように読み解くのか、リフレインするモチーフを拾っていくと見えてくるもの、最初の寓話の、最後の語り直しについてなど、いろいろな感想が出て、やはり噛みごたえのある作品は盛り上がるのだなと思ったのでした。よかったよかった。
 さて次回は6/11(日)を予定しています。なんとお寺とのコラボ企画。坐禅会をやってからの読書会です。詳細はまた後日アップします。なお坐禅会への申込みは半杓亭さんへお願いします。

*1:場所を移動して行う、アルコールの出る二次会もあります。お問い合わせ下さい。