すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

やつはみ喫茶読書会四十二冊目『本屋さんのダイアナ』

本屋さんのダイアナ(新潮文庫)

本屋さんのダイアナ(新潮文庫)

 やつはみ喫茶読書会四十二冊目 柚木麻子『本屋さんのダイアナ』@半杓亭
 2017/01/28(土)開場15:00 開始15:30 終了18:00*1
 課題図書:柚木麻子『本屋さんのダイアナ新潮文庫
 作品内容:私の名は、大穴(ダイアナ)。おかしな名前も、キャバクラ勤めの母が染めた金髪も、はしばみ色の瞳も大嫌い。けれど、小学三年生で出会った彩子がそのすべてを褒めてくれた――。正反対の二人だったが、共通点は本が大好きなこと。地元の公立と名門私立、中学で離れても心はひとつと信じていたのに、思いがけない別れ道が……。少女から大人に変わる十余年を描く、最強のガール・ミーツ・ガール小説。
 場所:半杓亭
 参加費:お茶おやつ代600円(この会でしか食べられない、おいしいおやつがでますよ~)
 定員:12名。要予約。定員に達した場合も告知いたします。
 予約先:初めて参加されるかたは、yatsuhamicafe.reading(at)gmail.comにお名前とご連絡先、アルコールの出る二次会の出欠を含め、ご連絡ください。

 定員に達しました。満員御礼。ありがとうございます。
 今回は課題図書がよかったのか、タイミングの問題か、新しい参加者が半分を数えました。うち2名のかたから当日キャンセルがあり、実際は10名での会となりました。次回からはこのあたりをちゃんとしないとなぁと思いました。
 個人的にも読書そのものがすごく楽しめた本でしたので、参加者の方々も同様に、小説の構成や引用された少女小説、ふたりのキャラクターの関係性などなど自身に引きつけて語っていただけたように思いました。なかでも今回は司会としての役割をしっかり果たせたな、みなさんにちゃんと話してもらえたなという実感がありました。次回も活かしていきたいですね。
 さて次回は4/1(土)です。タイトルはエイミー・ベンダー『私自身の見えない徴』角川文庫です。よろしくお願いします。

*1:場所を移動して行う、アルコールの出る二次会もあります。お問い合わせ下さい。