読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

やつはみ喫茶読書会2016の忘年会

 昨夜、市内某所にて、やつはみ喫茶読書会の2016年の忘年会が行われた。
 ただふつうに飲み会をやってもいいのだけれど、読書会の忘年会なのだからそれだけではちょっと物足りない、ということで「今年の1冊を持ち寄る」ことにした。
 本の紹介の始まりがけっこう座が盛り上がったタイミングであったため、ぼく自身がかなり酔っていてさほどメモできてないので、以下、順に会で持ち寄られた本をかんたんに紹介する。


魂の退社

魂の退社

 Nさんは「友人にすすめられた人生に役に立つ本」として『魂の退社』を紹介されました。「元新聞記者の人が書いた自分の行き方についてエッセイ」


エドウィン・マルハウス―あるアメリカ作家の生と死

エドウィン・マルハウス―あるアメリカ作家の生と死

 Mさんは「文庫版がでたのにわざわざ単行本を買い直したほど好きな小説」として『エドウィンマル・ハウス』を紹介されました。「一瞬一瞬を言葉にする大変さを実感する1冊」


早わかり世界の六大宗教 (朝日文庫)

早わかり世界の六大宗教 (朝日文庫)

 Tさんは「この本を読んで、別の本の宗教をからめた比喩がよくわかった」として『早わかり世界の六大宗教』を紹介されました。「日本で身近な宗教ということで神道が含まれ六大宗教」


 Yさんは「忍者目線の戦国時代とその戦が読めておもしろかった」として『とっぴんぱらり風太郎』を紹介されました。「万城目学なので、キャラクターも立っていて楽しい」


ダイナー (ポプラ文庫)

ダイナー (ポプラ文庫)

 MYさんは「スティーブン・キング×山田風太郎!」として『ダイナー』を紹介されました。「殺しの描写がすごいし、料理の描写もほんとうにおいしそう」



 Rさんは「『自生の夢』にするか『スパイダーバース (MARVEL)』にするかで悩んで」『角砂糖の日 新装版』を紹介されました。「書き下ろし掌編もつくし、とにかく装丁がすばらしい1冊」


すべての見えない光 (新潮クレスト・ブックス)

すべての見えない光 (新潮クレスト・ブックス)

 Kさんは「第二次世界大戦下のボーイ・ミーツ・ガールが明快なストーリーと美しい文章で描かれる1冊」として『すべての見えない光』を紹介されました。「小説の全部がある」


スペース金融道

スペース金融道

 さいごはぼくで「SFと金融という難解同士のかけ算でめっちゃおもしろい」として『スペース金融道』を紹介しました。「それでいて作者が持つ人への信頼が通底しているのがすごく好き」


 以上です。
 次回のやつはみ喫茶読書会四十二冊目は年明け2017年1月28日(土)で、課題図書は柚木麻子『本屋さんのダイアナ (新潮文庫)』です。来年もよろしくお願いします~。