読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

やつはみ喫茶読書会四十冊目『ノックス・マシン』@半杓亭

bookclub イベント

 やつはみ喫茶読書会四十冊目法月綸太郎『ノックス・マシン』@半杓亭
 2016/09/24(土)開場15:00 開始15:30 終了18:00*1
 課題図書法月綸太郎『ノックス・マシン』角川文庫
 作品内容:2058年4月、上海大学で20世紀の探偵小説を研究していたユアン・チンルウは、国家科学技術局から呼び出される。博士論文のテーマ「ノックスの十戒」第5項が、史上初の双方向タイムトラベル成功に重要な役割を担う可能性があるというのだ。その理由を探るべく、実験に参加させられた彼が見たものとは―。表題作「ノックス・マシン」、名探偵の相棒たちが暗躍する「引き立て役倶楽部の陰謀」などを含む中篇集。「このミステリーがすごい!2014年版」第1位作品。
 場所:半杓亭
 費用:お茶おやつ代600円(この会でしか食べられない、おいしいおやつがでますよ~)
 定員:12名。要予約。定員に達した場合も告知いたします。
 予約先:初めて参加されるかたは、yatsuhamicafe.reading(at)gmail.comに名前と連絡先、アルコールの出る二次会の出欠を含め、ご連絡ください。

 今回は11人の参加となりました。前回の影響か単純にぼくのぼんやりさが原因か、うまく司会できなかったことが心残りとなった会でした。作品としては過去に2作は読んでおり、読み直した感じとミステリのバックボーンがあることできっともっとおもしろく読めたんだろうなぁという感想を持ちました。エモさというのはコンテキストによって醸成されるのだなぁということ。

*1:アルコールの出る二次会もあります。お問い合わせ下さい。