読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

8月のまとめ

読んだ本の数:8冊
読んだページ数:1908ページ

白馬のお嫁さん(3)<完> (アフタヌーンKC)

白馬のお嫁さん(3)<完> (アフタヌーンKC)

■白馬のお嫁さん(3) (アフタヌーンKC)
 駆け足ではあったけれど、ポスト・ヒューマンものとしてきちんとタイトルを回収して、丁寧につくってあったように思った。おもしろかったし、イメージが示唆に富んでいた。未来の都心の描き方とか豪雨を防ぐ紗幕とか。読了日:8月27日 著者:庄司創


ヴィンランド・サガ(18) (アフタヌーンKC)
読了日:8月26日 著者:幸村誠


Fate/Grand Order material II(書籍)

Fate/Grand Order material II(書籍)

Fate/Grand Order material II(書籍)
読了日:8月24日 著者:著者:TYPE-MOON


Fate/Grand Order material I(書籍)

Fate/Grand Order material I(書籍)

Fate/Grand Order material I(書籍)
読了日:8月24日 著者:TYPE-MOON


Fate/Grand Order 1st Anniversary Book
イラストが多くて豪華ブックレット感、ある! 読了日:8月17日 著者:TYPE-MOON


■金の国 水の国 (フラワーコミックスアルファスペシャル)
 コミカルで、それでいてちゃんと思いやりのある、そういう感覚がにじみ出ていて、どのキャラクターもほんと魅力的だ。頭のいいキャラクターがちゃんとそう見えるように描かれるのもかっこいい。あとライララがかわいいw 読了日:8月11日 著者:岩本ナオ


■メロディ・リリック・アイドル・マジック (ダッシュエックス文庫)
 う~ん、やっぱりおもしろいなぁ、ウェルメイドな石川博品! タイトルと表紙イラストにある通りのポップさが、主人公とヒロインの各々の葛藤を通して、切ったばかりの果汁あふれるフルーツのように新鮮だった。こういうアプローチもできるんだなぁということと、豪邸にお呼ばれ描写はあいかわらず安定度高い!まるでぼくにあつらえたように、お手本みたいなストーリー展開だった。でもラストのライブシーンはナズマ視点のほうが盛り上がったんじゃないかなぁ。でも、おもしろかったんだよなぁ(しみじみ)。読了日:8月7日 著者:石川博品


すべてがFになる (講談社文庫)

すべてがFになる (講談社文庫)

すべてがFになる (講談社文庫)
 かなり早い段階で犯人はひとりに絞られるわけだけれども、ハウダニットの部分は予想できなかった。なるほどなぁ。いまでも古びることないコンピュータサイエンスが確たる核となって、むしろ現代だからこそ地に足がついた作風になっているのではないかと思った。あとはやはり背後にもっと頭のいい存在、作者の存在感が強かったなぁということだ。読了日:8月2日 著者:森博嗣