すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

やつはみ喫茶読書会三十八冊目『オーブランの少女』@半杓亭

オーブランの少女 (創元推理文庫)

オーブランの少女 (創元推理文庫)

 やつはみ喫茶読書会三十八冊目『オーブランの少女』@半杓亭
 2016/06/04(土)開場15:00 開始15:30 終了18:00*1
 課題図書:深緑野分『オーブランの少女』創元推理文庫
 作品内容:比類なく美しい庭園オーブランの女管理人が殺害された。犯人は狂気に冒された謎の老婆で、犯行動機もわからぬうちに、今度は管理人の妹が命を絶った。彼女の日記を手にした作家の「私」は、オーブランに秘められたおそろしい過去を知る……楽園崩壊に隠された驚愕の真相とは。第7回ミステリーズ! 新人賞の佳作となった表題作の他、異なる場所、異なる時代を舞台に“少女"という謎を描き上げた瞠目のデビュー短編集。
 場所:半杓亭
 費用:お茶おやつ代600円(この会でしか食べられない、おいしいおやつがでますよ~)
 定員:12名。要予約。定員に達した場合も告知いたします。
 予約先:yatsuhamicafe.reading(at)gmail.comにメール、この記事へのコメント、Twitterで@にリプライを!

 無事に終了しました。今回はキャンセルが出てしまいましたが10名のかたに参加いただきました。初めてのかたが2名でした。内容をざっくりとメモしておきますと、デビュー短篇集ということもあったのか細部の詰められてないところと、すごく好きなシーンをしっかり書き込んである落差が話題になりました。百合の視点からは、やはり関係性が抽出されたまばやゆいものがあると。特に「片想い」がそうであったという話でした。
 次回三十九冊目は7/30(土)です。タイトルはエラリー・クイーン『九尾の猫』新訳版 ハヤカワ・ミステリ文庫を予定しています。よろしくお願いします。

*1:アルコールの出る二次会もあります。お問い合わせ下さい。