読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

ライトノベルSF10

 一度、原稿に了の文字を打ってからすでに5ヶ月が経っている。しかしいまだに推敲の途上だ。単純に切ったり貼ったりという外科手術的な推敲だけでもまったくの初体験ということもあって、楽しさ半分大変さ半分でひーひー言いながらあーでもないこーでもないと直している。他にも冒頭で読者をひきつけるための設定を見直したことと、登場人物の性格をひとり変更したことに伴って大幅にストーリーから受ける印象が変わっている、はずだ。いままで自分が小説を書いているときに気にしていたことは結局いかに「自分が心地のいい話」を書けるのかであって、「読者の目を意識する」こととはほど遠いところにいたのだなぁということ。でもだからといってそれができないはずはない、と思いながら書いている。できているかはわからない。とりあえずひとつの目標として年内までに1章の推敲を仕上げたいところ。がんばるぞい。