読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

ライトノベルSF3

小説

 あれからいろいろな人に話すことでうまくガス抜きできたようで少し落ち着いた。普段、そういう過酷な環境からハッタリと効率化で逃げるように生きてきたので、地力のなさが露呈して、そんな自分が嫌で嫌で仕方なかったので、すごくストレスが溜まっていた、そういうことらしい。何も残せないのならそこに価値はない、みたいな発想で生きている割に、まともに何も残そうとしてないのだからまったく嗤える。
 本文の方は徐々に進んでいる。遅々とした歩みはたとえ執筆環境を変えたところで変わらないのだろう。せっかく椅子を買ったのに、と思わないでもない。でもまぁ今月から少し力の配分を変えていこうと思う。前述のガス抜きから労働へのスタンスを変えることにした。帰宅して余力があるように。あるいはあまり現実的ではないけれど起きて朝書くか、そのどちらかでできる限り毎日書いていこうと思う。読者の面白いものを目指して書くことができていないのなら、せめて自分がうつくしいと思うものを作中に落とし込んでいこうと思う。どんなに散漫な小説でも自分が読みなおした時に少しでも、はっとできるようなそういうものを描いていけるように。
 いままで書いたものはこちらで読めます。→ http://pixiv.me/kasukakt