すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

応募完了

 というわけで急遽書くことになった掌編を星新一賞に応募しました。〆切直前に体調を崩してしまうアクシデントもありましたが、無事に応募できました。あとはデータのアップロードだけという瞬間に「必ずあらすじをつけてください」という文章で戦慄はしましたが。今回も友人諸氏にアドバイスをいただきました。ありがとうございました。ただ――なんというか書いてて気がついて悲しくなったのですが、今回のもまったく手癖の結構だったということでした。その辺りは、「エコーロケーション」/「川口健伍(KASUKA)」の小説 [pixiv]「アーク・サマー」/「川口健伍(KASUKA)」の小説 [pixiv]を読んでいただけるとそのあたり「ああ」と納得していただけるのではないでしょうか。ただの偏りなのでこの辺りもう少しなんとかしていきたいものです。後輩によれば「先輩的ヒロインを出さないという強い制約が必要」というもっともなアドバイスをいただきました。とりあえず『英国王のスピーチ』を観てみようと思いました。