すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

1月のまとめ

読んだ本の数:2冊
読んだページ数:451ページ

 ふおお、2冊w なんということでしょう、まともに読み切ったのはこの2冊だけでした。書いているときはほんと他の小説が読めないことを実感。帰省時に読もうと思っていた5冊もまだ「読んでいる本」に登録したままなのでこれからどんどん読んでいきたいですね。『ラピスラズリ』と『BEATLESS』、両方とも半分ぐらいは読めているのですが。あと先月は一切マンガを買っていないですね。


エレンディラ (ちくま文庫)

エレンディラ (ちくま文庫)

■エレンディラ (ちくま文庫)
 読書会用に。「この世でいちばん美しい水死人」がベスト。思いの外、笑いどころが多くてくすくすできるし、描かれる世界も不思議な魅力にあふれた短篇集だった。読了日:1月18日 著者:G. ガルシア・マルケス


クラッシュ (創元SF文庫)

クラッシュ (創元SF文庫)

■クラッシュ (創元SF文庫)
「昨日、ヴォーンは最後の自動車事故で死んだ。」生と死と性を、テクノロジカル・ランドスケープを通して圧倒的密度で描き出す怪作。正直、描かれるアルゴリズムを把握しきれないまま読み終わってしまったし、めちゃくちゃ疲れはしたのだけれど、こんなに読んでいることをそわそわしたのは久しぶりだった。なお、購入は紀伊國屋新宿本店「ほんのまくらフェア」にて。読了日:1月3日 著者:J・G・バラード