読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

石井克人『スマグラー』

映画


 妻夫木聡の愛称がぶっきーということを知りましたKASUKAです、どうも。今回、付き合いで観に行くことになってまぁ正直そんなに期待はしておりませんでした。が、しかし観終わって思ったのは今年の一番が入れ替わった感触でした。これを観るまでは大根仁モテキ』が色々思うところもありつつ一番おもしろかった映画だったのですが、ええ見事『スマグラー』が暫定一位でございます。
 映画を観た!っていう充実感に溢れた本当にいい映画でしたね。タランティーノの映画を観た時にすごく似ている、シネフィルの撮った映像的快楽のつまったフィルム・ノワールでした。そして何よりびっくりしたのが戦闘シーンです。正味三回ほど戦闘シーンがあって、一回目は冗長に見せて、二回目は緩急の付け方でめちゃくちゃ速く見せて、三回目は「もうなんじゃこりゃ!www」と笑ってしまうほどのめちゃくちゃな戦闘シーンでして、いやはやほんとすごい。「背骨」という暗殺者の化物っぷりがすばらしいです。特に二回目の戦闘が肉弾戦を描く方法としてかなり画期的なことをやっていてすごくしまって見えたので、ええボンクラ男子は戦闘シーンだけでも観に行く価値があると思いますよ!w

新装版 スマグラー (アフタヌーンKC)

新装版 スマグラー (アフタヌーンKC)