読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

漂白

小説

 昨夜は久しぶりに自分の納得のいくかたちで文章が書けたのですが、それを忘れないためにもどうしてそう思ったのかをきちんと書いておきます。現状、文章を気にせず、後で直すことを前提にがんがんストーリーを進めていく書き方をしています。Wordで横書きで書体やルビや改行や字面を気にしないようにがしがし書いているのですが、昨夜とあるシーンでそれでも「自分」が/で書けたのでした。びっくりしました。そういう部分を出さないように、できる限り漂白した、誰にでも書けるような文体でタイプしていました。ただそれでも自然に、あるいは無意識に「自分」が出てきてしまう。そんな瞬間がありました。こういう風に、それでも残る部分、というのがまだおれにもあるのだなぁと感慨深くなりました。気分がよかったですw この感覚を大切にしていきたいですね。さてさて今日もがんばりましょう。