すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

長篇小説

 創作者としての自分の問題をできるだけ客観視することが必要。長篇小説が書けない、という漠然とした問題を解決するためには、個別にしていまの自分が何ができていないかを把握し解決策を考える必要があるということ。現状わかっているのはエピソードの積重ね方、展開の仕方がわからないということであり、物語の結構を知らないということが考えられる。物語の結構をどのように勉強するのか。フィクションをもっと消費することなのだろうか、いや違うような気もするけれど。『ストーリーメーカー』でも読みなおしてみるか。あとは『SFが読みたい!』のあらすじか。ラノベか、ラノベを読むべきなのか。