すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

1月のまとめ

1月の読書メーター
読んだ本の数:13冊
読んだページ数:3681ページ

スプライトシュピーゲルIV  テンペスト (富士見ファンタジア文庫)スプライトシュピーゲルIV テンペスト (富士見ファンタジア文庫)
圧倒的な「嵐/テンペスト」が吹き荒れる混沌の第4巻目。オイレンとのリンクがただのキャラクター登場だけではなく構造そのものも似せてあって、ほんとよくやるよなぁ、と。作中で提示される「世界統一ゲーム」はどんなアナリストが描く未来よりも説得力と希望に満ちていると思う。
読了日:01月31日 著者:冲方 丁
うそつきパラドクス 2 (ジェッツコミックス)うそつきパラドクス 2 (ジェッツコミックス)
まとめて読むとまた違ったところで胸が苦しくなった。無理したり意地をはったり、それがわかった瞬間に胸がきゅうと痛む。それにしてもふたりとも無駄に頭がよくて倫理的だから、苦労しているよなぁと思うのだけれど、好意を信じられるっていうのは重要ですね。
読了日:01月30日 著者:きづき あきら,サトウ ナンキ
オイレンシュピーゲル肆  Wag The Dog (角川スニーカー文庫)オイレンシュピーゲル肆 Wag The Dog (角川スニーカー文庫)
なんだ…これ。エネルギーに溢れ、エネルギーに当てられて、読み終わった後にどっと疲れて、でもだからこそすかっとした爽快感が残る、圧倒的な速さと強さと意志の輝き。ワグ・ザ・ドッグ。なるほど確かにぼくたちは、物語なんていうちっぽけなものに心震わせられるのだ。
読了日:01月27日 著者:冲方 丁
モテキ 3 (イブニングKC)モテキ 3 (イブニングKC)
あのキスシーンは「おれならどうするのがもっとも正しいのか」と連載当時嫌というほどシュミレーションしたが、単行本では冷静になったのか土井亜紀視点で読んだ。もちろん美人な女の子だって悩むのだな、と。しかしうまくやれないっていうのは黄金ルールですね。
読了日:01月24日 著者:久保 ミツロウ
墓標なき墓場 (創元推理文庫 M こ 3-1 高城高全集 1)墓標なき墓場 (創元推理文庫 M こ 3-1 高城高全集 1)
表紙がいい。ぞくぞくする。もちろん作品も、だ。まったく古びていない硬質な文体ですらすら物語が語られていく。その行間からは昭和初期の北海道が泥臭くではなく、霧に覆われた別世界のような詩情を伴って描かれる。江戸川乱歩が見い出したハードボイルド小説の嚆矢。
読了日:01月20日 著者:高城 高
バガボンド 32 (モーニングKC)バガボンド 32 (モーニングKC)
年内完結ということだけれど、さて。「全力」でそこに在ることのなんと難しいことか。なるほど確かに人間も自然なのだなぁ、と。他者との関わりとその方法だけでに固執していては、ということか。
読了日:01月18日 著者:井上 雄彦,吉川 英治
15×24 link six この世でたった三つの、ほんとうのこと (集英社スーパーダッシュ文庫 し 5-6)15×24 link six この世でたった三つの、ほんとうのこと (集英社スーパーダッシュ文庫 し 5-6)
全巻読了。小説を読んだ!と同時に哲学だったな、と思った。結果や真理ではなく思考した、語られた過程そのものが重要であり、答えは一緒に走りきった人のなかに自然と残っている。まだ全然咀嚼できていないからこそこれからもたぶんずっと忘れない物語になったと思う。ただどうしても彼らと一緒の時に読めたらと思わざるを得ない。
読了日:01月17日 著者:新城 カズマ
15×24link five―ロジカルなソウル/ソウルフルなロジック (集英社スーパーダッシュ文庫)15×24link five―ロジカルなソウル/ソウルフルなロジック (集英社スーパーダッシュ文庫)
読了日:01月16日 著者:新城 カズマ
15×24 link four Riders of the Mark City (集英社スーパーダッシュ文庫 し 5-4)15×24 link four Riders of the Mark City (集英社スーパーダッシュ文庫 し 5-4)
克己していくキャラクターたちに震える。手元に5がないからぐぐぐ。
読了日:01月15日 著者:新城 カズマ
15×24 link three 裏切者! (集英社スーパーダッシュ文庫 し 5-3)15×24 link three 裏切者! (集英社スーパーダッシュ文庫 し 5-3)
なるほど、本当の意味でのアングラをこういう風に描くのか。にしてもスパでの議論は徳永くん、キャラ変わってね?
読了日:01月14日 著者:新城 カズマ
15×24link two―大人はわかっちゃくれない (集英社スーパーダッシュ文庫)15×24link two―大人はわかっちゃくれない (集英社スーパーダッシュ文庫)
加速度的に物語は複雑さを増していき、同時に彼らの想いに胸をうたれる。っておいおいまだ二巻でこれかよ!すげえな!
読了日:01月13日 著者:新城 カズマ
15×24 link one せめて明日まで、と彼女は言った (集英社スーパーダッシュ文庫 し 5-1)15×24 link one せめて明日まで、と彼女は言った (集英社スーパーダッシュ文庫 し 5-1)
語りできちんとキャラをかきわけできているのにただただ呆然、圧倒される。
読了日:01月13日 著者:新城 カズマ
NOVA 1---書き下ろし日本SFコレクション (河出文庫 お 20-1 書き下ろし日本SFコレクション)NOVA 1---書き下ろし日本SFコレクション (河出文庫 お 20-1 書き下ろし日本SFコレクション)
#NOVA1 「自生の夢」がダントツで二回も読んで、それでもわからないところがあるから三回目に挑戦したくなる。ちなみに言語SFが多いのはどうしたって言葉が作家の身近にあるテクノロジーで書く上で目を背けることができないものだから、ということはすでに誰かが記述しているその補強でしかないのである。
読了日:01月13日 著者:伊藤 計劃,円城 塔,北野 勇作,小林 泰三,斉藤 直子,田中 哲弥,田中 啓文,飛 浩隆,藤田 雅矢,牧野 修,山本 弘

読書メーター


 できれば『テスタメントシュピーゲル』まで読んでしまいたかったけれど、なかなか予定通りにはいかないものですね。