すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

メディアワークス文庫の創刊

 雑感です。背表紙のデザインがなんかちょっとしょぼいかも。表紙のつるつる感は電撃文庫に負ける。著者略歴が情報源としてしっかりしているw 創刊ラインナップは強力。シリーズではなくて作家の力で、単品でも売れる作品で勝負したいのか。おそらく電撃文庫に物足りなさを感じている読者を引っぱりこみつつ、角川文庫、というよりも野性時代を読ませるところに持っていきたいのかな。なんとなく位置づけがピュアフル文庫っぽい。ポプラポケット文庫→ピュアフル文庫→ポプラ文庫、的な。電撃文庫メディアワークス文庫→角川文庫、のような。『天地明察』は角川文庫とメディアワークス文庫の両方から出るような展開があるのかも。なお当初は古橋秀之だけでなく杉井光も買う予定だったのですが、あの薄さで500円はちょっと、と躊躇しました。それなら『神様のメモ帳』を買った方がよいかな、と。
 あと選考側としては、電撃文庫には向かないけれど落とすには惜しい作品をこっちで拾っていきたいのだろうな。そうそうだから、結城充考にもう一度書いてもらえばいいんじゃね?

シアター! (メディアワークス文庫)

シアター! (メディアワークス文庫)

プラ・バロック

プラ・バロック