読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

今期は結局

アニメ

  第1話の新鮮な驚きが継続せず、脚本の整合性に翻弄された。総じてその場しのぎ、その回しのぎの演出やら脚本に翻弄されたのは視聴者だけではなくて、キャラクターもである。一週間ごとに観るからこそ、納得させられるような、そういうたぐいのアニメであった。

 戦場ヶ原が異様にかわいいのだけれど、他のヒロインが登場すると当然のごとく彼女の登場が減るので、うーむ。演出などは確かにシャフトで安心して観ていられたのだけれど、今回はその神話が打ち砕かれた回があったのが残念であった。

 エンドレスエイトは最初の2回と最後しか見ていません。この回のハルヒに対しては本当にいらいらさせれた、というかなにもあんなに嫌われるような描き方をしなくても、と思いつつ、キョンが手を上げそうになるシーンの緊迫感で一気にそのいらいらが冷え込んでいくのがわかった。あのシーン、絵面的にはとても普通なのだけれどとても恐く感じるのは、音楽のおかげなのだろうなぁ。

 あと、観たのでついでに。音楽性が削ぎ落とされて恋物語がメインになっているけれど、エウレカセブンのそういう要素ってけっこう後付だったように思う。わざわざ朝早く起きて見ていたあの興奮はなかったなぁ。古臭さを脱臭しようとして青臭くなっていたあの感じがなかった。