すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

『モテキ』久保ミツロウ

モテキ (1) (イブニングKC)

モテキ (1) (イブニングKC)

モテキ 2 (イブニングKC)

モテキ 2 (イブニングKC)

 二巻が出たのでまとめて書いてみる。これとてもおもしろいんですよ。イブニングでも追っかけてます。久保ミツロウさんは女の子を描くのがとてもうまいです。得体の知れないガールズではなくて、等身大の女の子たちが描かれているのがよいのです。もちろん断っておきますがこれはフィクションです。おれはフィクションをフィクションとして楽しむ人間ですが、いやこれはなんかこうハマってしまうシーンシーンの切実さがとてもよいのです。でも、なんかおれのよく見て回っているブログ界隈ではそんなに話題になっていなかったのでずいぶん不思議だったのだけれど、なんとなく、このはてなブックマーク - インサイター:話題の漫画『モテキ』作者・久保ミツロウ氏インタビュー(前篇)のコメントを眺めていたら至言があって、それがid:tatsunopさんの「(インタビューの)後編で『リア充は絶対読んでくれないと思ってた』とあるけど、そうじゃないと読むのがきついような気もする。」というのだった。もちろんそこにはリア充も含まれるのだと思う。女日照でひーひー言っているような奴も、あーあるあるって胸を痛められるのだし、楽しめるのだと思う。
 ちなみにおれはいつかちゃん派なので、どうやら文系男子のようです。でもなんというか1巻のいつかちゃんとのケースが一番胸に来るので、なのですが、2巻でなんかよい感じに、彼女にとってよい感じにシフトしつつあるのでうれしいですね、彼女には幸せになって欲しい。そうです代償行為!w