すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

意識的な視野狭窄

 小説を書いている。水を飲むように小説は読めるけれど書くことができないおれは、昨日はなんとか1200字。ようやく今まで書いたことのないシーンを書くことができた。こう、書くことに集中していると小説がぜんぜん読めない。遅刻も多い。ずっと『プラ・バロック』と『擬態 (文春文庫)』と『ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)』をぱらりぱらりとめくりながら、たまに思い出したように『レインボーズ・エンド上 (創元SF文庫)』をちょっとずつ読み進める、ということをやっている。だいたい前述2作の文体で、後述2作を書き直したような、そんな小説になる予定。細かい枠を決めずに書き進める。自分の書けるものを書ける言葉で書く。妥協。挑戦はしない。体言止めも短い会話文も多用する。速さを。硬質な輝きをもった速さが、もっと欲しい。