すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

『ぢごぷり』木尾士目

ぢごぷり(1) (アフタヌーンKC)

ぢごぷり(1) (アフタヌーンKC)

 木尾士目の新作です。
 萌え絵で育児のハウツウを装っておきながら、その下でうごめく、夢子の生まれた背景が気になって気になって仕方がない。こういう演出がただのハウツウ漫画にしていないあたり、フィクションで何をすべきなのか、よくわかってんだろうなぁと思った。キャラクターじゃなくて、キャラクターとキャラクターの関係を描こうとしているところも、あいかわらずいいね。
 あとおまけの地獄0丁目のキャラクターの配置や見せ方はまんまギャルゲーのプロモPVぽくてびっくりした。というか2巻は過去篇みたいな感じで展開するのだろうか。いやでもそういうセルフパロディ的な展開はしないだろうかな、木尾士目だし。
 あ、あとかなめの服が毎回豪華に変わっていいですね。手が込んでる。モチーフがあったりするのだろうか。