すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

結城充考『プラ・バロック』

プラ・バロック

プラ・バロック

 埋め立て地の冷凍コンテナから、14対の凍死体が発見された。整然と並んだ死体は、誰の、どんな意図によるものなのか? 神奈川県警機動捜査隊に所属する女性刑事・クロハは、虚無と異様な悪臭漂う事件の、深部に迫っていく……。
 圧倒的な構成力と斬新なアイディアを評価され、選考委員満場一致で新人賞を受賞した期待の新鋭、懇親の一撃!

 ジャーロ有栖川有栖との対談でギブスンを読んできていた、というくだりと「文章の水分を飛ばした」というくだりに惹かれて購入した。
 尖がった言語感覚と改行の多さがまず目につく。一行目から圧倒的な緊張感で、それで描写をまくしたてられたらきっとすごく疲れてしまうと思う。だけれど、蝶や雨なんていういかにもなモチーフが使われているのにぎりぎり散文詩的にならないよう、きちんと抑制されている。こういう一文一文に血が通っている文章に出会うと、それだけでもうにやにやしてしまう。
 もちろんただそうやって文章を楽しむだけの小説ではなかった。謎の提示と伏線の回収の方法、なによりどことなく『ラギッド・ガール』を*1思わせるような、仮想空間/サーバー上の現実へのアプローチがとても今未来的だった。それの見せ方に女性刑事でプロフェッショナルなハードボイルド/ポリス・アクションなのだから、本当にぐいぐい引っぱられるように読めた。
 そしてある種のディストピアものだと言ってもいいかもしれない。自殺者たちの目的が目的として成立するような、そういう感傷的なディストピアなのだ、いまの日本は。

*1:『グラン・ヴァカンス』ではなく。