すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

『ブレードランナー』リドリー・スコット

ディレクターズカット ブレードランナー 最終版 [DVD]

ディレクターズカット ブレードランナー 最終版 [DVD]

 なるほど、これでひとつの様式が立ち上がってきたわけなのか。どこかで観たことのあるような絵が多いのは、この映画がそれほどいろいろなインパクトを備えていたということ。
 全編に渡って、音楽と雨がどうにも物悲しい。
 ラストシーンはこわいこわい、と思っていたら、ほっと落ち着いてとてもいい感じで弛緩した。
 でもこの話だとレプリカントは排斥された人々の代弁者のような描かれ方をするんだなぁと思った。