読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

2009年本屋大賞候補作発表

『悼む人』       天童荒太 / 文藝春秋直木賞
『告白』        湊かなえ / 双葉社(小説推理新人賞
『出星前夜』      飯嶋和一 / 小学館大佛次郎
ジョーカー・ゲーム』 柳広司  / 角川書店
新世界より』     貴志祐介 / 講談社日本SF大賞
テンペスト』     池上永一 / 角川書店
のぼうの城』     和田竜  / 小学館
『ボックス!』     百田尚樹 / 太田出版
『モダンタイムス』    伊坂幸太郎講談社
流星の絆』      東野圭吾 / 講談社
http://hontai.jp/

 うーわー。これはきっつい。どれひとつとして読めておりません。にしてもなんとまぁ普通なラインナップ。すでに売れている本がランクインするのが必定なのか。
 というわけで読むのが楽しみだけれどエネルギーを使う池上永一貴志祐介飯嶋和一がノミネートされている。そう、予想はしておりましたがまさか本当にあがってくるとは。
 本命は『テンペスト』で、『出星前夜』が次ぐらいか。今回は恋愛小説がないのですね。
 あー、あと天童荒太は基本的にモチーフの処理が大嫌いなので最後に回しましょうw
 さて『虚構機関』を読み終えたら、とりあえずさくさく読める『流星の絆』から始めようかな。
 てゆーか、『聖家族』が入っていると盲信していたのだけれど……あれ?