すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

二足歩行兵器もの

 今日の電撃文庫の新刊で『機械じかけの竜と偽りの王子 (電撃文庫)』というのがあって、あれこのあらすじどっかで……と思って気がつく。

 これだ。これは戦国時代に種子島に流れ着いたのが鉄砲じゃなくてモビルスーツだったら、というお話。で、そういえばこういうロボット兵器ものの小説ってかラノベ界隈にどれぐらいあるんだろうって、棚を右往左往してみたら結構あるのね。以下列記してみる。 好きなので読んでます。アルとの会話がナイトライダーっぽいのが好きです。
聖刻1092東方 壱 (ソノラマノベルス)

聖刻1092東方 壱 (ソノラマノベルス)

 その賀東招二がインタビューで「ロボット兵器もので成功している」とあげていたもの。
ARIEL 1 (ソノラマノベルス)

ARIEL 1 (ソノラマノベルス)

 星雲賞受賞作で、Rさまのブログでこれを見ない日はない本。
宇宙海兵隊 ギガース (講談社文庫)

宇宙海兵隊 ギガース (講談社文庫)

 今野敏は警察小説で有名ですが、こういうのが好きすぎて、
機動戦士Zガンダム外伝 ティターンズの旗のもとに 上巻 アドバンス・オブ・Z機動戦士Zガンダム外伝 ティターンズの旗のもとに 下巻 アドバンス・オブ・Z
 ガンダムの公式ノベライズまでやってますからねぇ、最初はおどろいたっす。
ルナ・シューター〈1〉 (幻狼ファンタジアノベルス)

ルナ・シューター〈1〉 (幻狼ファンタジアノベルス)

進化の設計者 (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

進化の設計者 (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

 あと、ガンダムノベライズつながりでは林譲治も、そうですね。
 ふーむ、いちおうお店で探してあったのはこれくらいなんだけど、まだまだ他にも知らないのがありそうだ。