すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

手ごたえ

 上記マニュアルで実際に整理してみたら、なんか最後まではっきりと見えるようになって、染み出してくるように「書ける」って意識がある。たぶん充実してる。小説について考えることが書くことの第一歩で、設問によって「とにかく」考えさせられたおかげだなぁと思う。なんか自分でもびっくりするような展開を思いついたし。そして、こういうのを意識的にひとりでやれるようになると、長いのをもっと短時間で書けるようになったり、より複雑なのを書けるようになったりするんだろうなぁ、ってしみじみ思う。