すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

入江亜季『群青学舎1』

群青学舎 一巻 (ビームコミックス)

群青学舎 一巻 (ビームコミックス)

 くみあんおすすめの一品。ていうか、あれよ『聖家族』のおかげでまったく他の小説が読めなくてここ最近マンガばっかりエントリですがなにか。イーガンの新作短編や雪風の連載も読めていないという、なんてことだ!
・はっきりした眉毛は利発さを、ひいては意志の強さを演出する。
・女性が女性らしいふくよかさを保ちつつ、女の子であることを忘れていない。
・ありふれていそうなストーリーをここまで丁寧に描くことでまったく見たことのないものに仕立て上げなおしていて、ああそうかネタをきちんとマンガへと消化/昇華できているってことなのか。
・ストーリーの展開=コマ割りにかなり気を遣って描かれていて、早いとか遅い、ではなくてこっちで、読者の方でリズムを作品にあわせたくなるような意識へと誘導された。これだけ丁寧に描かれているのだから、こっちも背筋を正して読まなきゃな読み捨てている場合じゃない、と思わせられるような、そういうマンガだった。