すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

さぁゼロから始めよう

 端的に言って、いまのおれはくすぶっている。過去の記憶の中でしか生きられていない。それじゃあ小説なんて書けるわけがない。いったい、そんな小説を誰に読ませようって言うんだ。
 だから、ひさしぶりにやってみよう。マイナスをゼロにする、マインドセットだ。プラスにするためにやれることはわかっているから、とりあえず、まず、ゼロにしよう。この、いまの状態を「ゼロ」なんだ、と認識することから始める。マイナスに振れそうになったら、自分の小説について考えるんだ。安直だけれどたぶん特効薬だ。
 ブログの改装もすんだし、書き損じた小説は全部捨てた。言葉も充分に刻んだろうし、今回は音楽だって手伝ってくれる。あいかわらず友人は見捨ててくれないようだし、単純に負けてられないって思えるから、書くことについてきっともっと具体的に考えていける。
 さぁ雲の低いこの街をぎらりと眺めて、浮き足立って踊り続けよう。